嗜好性の高いペレットを与えて失敗!普段食べていたペレットをポイ捨てするようになってしまいました

January 21, 2015

【 ティモとの生活:40日目 】

手でペレットを食べるチンチラのティモ

ティモが今まで食べてきたペレットをポイ捨てするようになってしまいました !

手でペレットを食べるチンチラのティモ

ティモの出身地である鶯谷の『うさぎさん』で食べていたペレットは『イースター チンチラセレクション』。

粗繊維の含有量が多く店長さんのおすすめペレットとのことで、お迎えしてからも同じものを与えてきたのですが、お迎えして約1ヶ月が経ち、このまま与え続けるかどうか検討することにしました。

「おやつを与えないかわりに、ペレットは美味しいものを食べさせてあげたいな・・。」

こう思ってペレット選びをしてしまったことをすぐに後悔する出来事が起きました。

ティモが今まで喜んで食べていた『イースター チンチラセレクション』をポイ捨てするようになってしまったのです。

お迎えしたときから与えてきたペレット:『イースター チンチラセレクション』

イースター チンチラセレクション

イースター チンチラセレクション

【給餌期間】2014.12.03 ~ 2015.01.21

ティモが生体販売店の鶯谷にある「うさぎさん」で食べていたペレットで、チモシーが主原料のソフトタイプのペレットです。

お迎えしてしばらくの間は免疫力が低下していて、腸内細菌叢のバランスを崩しやすいので、お迎え後もうさぎさんで与えられていたペレットと同じこちらを与えるようにしていました。

【保証成分】

たんぱく質:17.0%以上 脂質:2.0%以上 粗繊維:23.0%以下 灰分:10.0%以下 水分:10.0%以下 カルシウム:0.8%以上 リン:0.4%以上 総エネルギー:370kcal以上/100g 

【内容量】

600g (200g×3袋)

【原材料】

チモシーミール、アルファルファミール、小麦粉、脱脂大豆、タピオカ澱粉、ビール酵母、植物抽出発酵エキス、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、オリゴ糖、アガリクス(β‐グルカン源)、殺菌処理乳酸菌、ウーロン茶抽出物、ミネラル類(食塩、炭酸カルシウム、第二リン酸カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、甘味料(ステビア抽出物)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、甘味料(ステビア)、ビタミン類(塩化コリン、L-アスコルビン酸カルシウム、ニコチン酸、D-パントテン酸カルシウム、イノシトール、酢酸dl-α-トコフェノール、リボフラビン、硝酸チアミン、塩酸ピリドキシン、葉酸、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、A油、シアノコバラミン、d-ビオチン、D3油)、アミノ酸類(DL-メチオニン)(商品パッケージを参考)

試してみたペレット:『Mazuri プレミアムチンチラフード』

SBSコーポレーションさんがオリジナルにガス充填パッケージされたプレミアムチンチラフード(Mazuri社のチンチラダイエット)

Mazuri社 プレミアムチンチラフード(SBSコーポレーション直販 オリジナル商品)

【給餌期間】2015.01.17 ~ 2017.06.04

SBSコーポレーションさんがMazuri社(アメリカ)のChinchilla Dietをオリジナルにガス充填のアルミチャック袋に計量パックしたもので、アルファルファが主原料のハードペレットです。

嗜好性がよいことで定評があります。

【主成分】

粗たんぱく質:20.0%以上 粗脂肪:3.0%以上 粗繊維:18.0%以下

【内容量】

1.15kg

【原材料】

アルファルファ、大豆、オーツ麦、中麦、ビートポップ、大豆油、トウモロコシ、リン酸カルシウム、塩、ヨウ素酸カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンA、葉酸、DLアルファ、トコフェノール、酸化銅、硫酸鉄、酸化亜鉛、酸化マンガン、ビタミン類(商品パッケージを参考。Mazuri社で公開されている内容と差異があります。 Mazuri社の公式ページはこちら

スポンサーリンク

初めての食べ物をチンチラに与えるときには事前にあらゆる可能性をよく考えてからにするべき!と反省

生後7ヶ月のチンチラのティモ

今まで食べてきた『イースター チンチラセレクション』をポイ捨てして、試しに与えてみた『Mazuri社 プレミアムチンチラフード』をもっと食べたいと意思表示をしたティモ。

もし、私が美味しいペレットの味を教えていなければ、ティモは今日もいつものように、今まで食べてきた『イースター チンチラセレクション』を喜んで食べていたはずです。

「おやつを与えない分、ペレットは美味しいものを選んであげたい」と、嗜好性を優先してペレットを選び、後々の影響を考えずに与えてしまったことをとても反省しました。

さらに、この時「じゃあ、仕方ない。」と今まで食べてきた『イースター チンチラセレクション』を与えるのを諦め、『Mazuri プレミアムチンチラフード』に切り替えてしまったのですが、すぐに諦めずに与え方を工夫するなど試みればよかったなぁと後悔しました。

なぜかというと、美味しいペレットの味に慣れてしまってから嗜好性が劣るペレットに変えるのは至難の業だからです。

同年の夏にイースター社から『イースター チンチラセレクションプロ グルテンフリー』が新発売され、ティモにも食べてもらいたいと切り替えを試みたのですが、なかなかうまく切り替えができず、時間差で両方与えるなど工夫して、完全に移行するまでに2年以上かかりました。

ティモに与えるペレットに「イースター チンチラセレクションプロ グルテンフリー」を加え始めました

今まで与えたことのない食べ物を初めて試すときには、今まで食べてきたものを食べてくれなくなる可能性や、栄養成分、チンチラの体に悪い影響を与える可能性がないかどうかなど、事前によく考えてからにするべき だと痛感させられました。

特に、今まで食べていたものよりも美味しいものを与えると、今まで喜んで食べてくれていたものをピタッと食べてくれなくなるということはよくあることなので、嗜好性が高いものを与えようとするときにはより一層深く検討する必要があると思います。

スポンサーリンク