チンチラの足にやさしい理想的なケージの床環境のためのひと工夫

チンチラのティモのケージレイアウト ケージの床 版画板の上に広葉樹のウッドチップ敷き

こちらは、チンチラのティモのケージの床環境の写真です。

付属されている金網メッシュすのこの上に裏面にゴム製のクッション材を貼った板材を乗せて、その上に広葉樹の白樺チップを敷いています。

何故このような床環境にしているのかというと、跳躍力の優れたチンチラのティモの足を考えた、足にやさしい床環境にしてあげたいと思ったからです。

今日は、チンチラにとって理想的なケージの床環境について考えたいと思います。

スポンサーリンク

チンチラにとって理想的なケージの床環境ってどんなもの?

私がティモのケージの床環境を考えるときにイメージするのは、体育の授業で跳び箱を跳ぶときのシーンです。

もし、立体駐車場にあるような凸凹としたパンチングメタル床の上に跳び箱が用意されていて、跳びなさいといわれたら痛くて嫌だろうなぁ・・。

そんなことを想像して、それって人間だけなのかな?チンチラだって同じじゃないのかな?と・・・。

チンチラの四肢は細くて、前肢よりも後肢のほうが長いのですが、それは大きくジャンプするのに適した体になっているためで、尻尾はバランスをとるのに役立っています。

高い位置にあるステージにジャンプして上るときに足にかかる負担よりも、ジャンプして下りてくるときに足にかかる負担の方が大きいと思うので、着地面になる床の環境をたくさんの思いやりをもって愛情たっぷりに考えてあげてほしい なぁと思うのです。

販売されているケージの床のつくり

チンチラのティモ チンチラにとって理想的な床環境を考える
カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプ

こちらは、ティモのチンチラケージである「カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプ」の床の写真です。金網メッシュの床はそれ自体も引き出すことができ、下についている受け皿トレイも引き出すことができます。

代表的な国内メーカーの株式会社川井さんのコンフォートシリーズや、株式会社三晃商会さんのイージーホームシリーズ、その他メーカーさんのケージの床を調べてみても、ほとんどは金属製か樹脂製のメッシュタイプのスノコが付属されていて、下に受け皿があって汚れは受け皿にたまるように作られています。

国産メーカーの代表的なケージ カワイ コンフォート60と三晃商会 イージーホームハイメッシュ

カワイ コンフォート60
カワイ スーパーケージ コンフォート60
(未評価)実際に使用していないため
幅:620mm 奥行:470mm 高:510mm ケージ本体の金網のマス目:30mm角
ティモに使用しているケージは「カワイ スーパーケージ コンフォート60 ハイルーフタイプなので、こちらよりも約180mm高いバージョンになりますが、基本的なつくりは同じです。コンフォートシリーズの特徴は、金網メッシュすのこ自体を引き出せることです。受け皿トレイも引き出すと、部屋の床が露出するので、ケージ内だけでなく部屋に飛び散ったうんちや牧草の食べ残しなども掃き掃除することもできます。

楽天市場Amazon
三晃商会 イージーホームハイメッシュ
三晃商会 イージーホーム ハイメッシュ

幅:620mm 奥行:505mm 高:780mm ケージ本体の金網のマス目:20mm角
三晃商会さんのイージーホームハイメッシュ。かつて使用していたことのあるケージです。金網のマス目の大きさが20mmと、川井さんのコンフォートシリーズよりも小さく、ケージ正面には大きな出入り口の他に小窓もついていてよいのですが、金網メッシュすのこは引き出せないので隙間にオシッコやうんちなどが挟まりやすく、掃除するためにはケージの金網部分をまるごと持ち上げる必要があるという難点があります。なお、カワイ コンフォート60よりも内寸は狭いので、カワイ ウッドフロアーは適合しません。(関連記事はこちら
ケージ比較:KAWAIコンフォート60 or SANKOイージーホームハイメッシュ)。
楽天市場Amazon

 

これって日本特有なケージのつくりなのかなぁ?と思ったら、海外メーカーのケージをみてみても、同じように金属製メッシュすのこが受け皿の上にセットされている商品も存在します。

prevue pet cage 床のつくり

prevuepet critter animal cage model no.495
PREVUE PET Critter Animal Cage Model No.495
(未評価)実際に使用していないため
幅:787mm 奥行:530mm 高さ:1020mm
プレビューペット社は米国シカゴで150年以上の歴史を持つ老舗のメーカーです。実際に商品を目にしたことがないですが、海外メーカーらしい広々としたケージだなぁと思います。

楽天市場Amazon
prevuepet small animal home 425
PREVUE PET Small Animal Home Model No.425
(未評価)実際に使用していないため
幅:825mm 奥行:550mm 高:838mm
プレビューペット社は米国シカゴで150年以上の歴史を持つ老舗のメーカーです。こちらのケージはうさぎやモルモット向けの商品のようですが、日本には見られないデザインだなぁと思います。

楽天市場Amazon

チンチラの飼育本や獣医学書ではケージの床板についてどのように書かれているのだろう?

では、チンチラについて書かれた飼育本や獣医学書ではケージの床環境についてどうするように書かれているのか調べてみました。

私は、どの書籍にも「金網メッシュすのこをそのまま使うことは望ましくない」と書かれているものだと思いましたが、結果は異なり、金網メッシュすのこを避けるべきだと書かれている書籍と、注意が必要と書かれている書籍と、推奨する書籍がありました。

つまり、ケージの床を金網メッシュすのこのまま使うことのメリットとデメリットと、それぞれの記載があったということになります。

ケージの床に金網メッシュすのこを「避けるべき」または「注意が必要」とする書籍の理由

ケージの床に金網メッシュすのこを直接使用することを推奨しない理由として書かれていることは大きく2つあります。

跳躍するときに後肢を挟めてしまい骨折するなどの事故がしばしば報告されています。
このような事故は、金網の網目が大きいほど多く発生するので注意が必要です。
足の裏に床ずれのようなただれができるという報告もあります。
[参考文献] 「ザ・チンチラ」(リチャードC.ゴリス 著 / 株式会社誠文堂新光社発行 / 2002.2)
「わが家の動物・完全マニュアル チンチラ」(Richard C.Goris 総監修 霍野晋吉 医学監修 / 株式会社スタジオ・エス発行 / 2000.10)
「カラーアトラス エキゾチックアニマル 哺乳類編」(霍野晋吉、横須賀誠 著 / 株式会社緑書房発行 / 2002.7)
「カラーアトラス エキゾチックアニマルの診療指針」(霍野晋吉 著 / 株式会社インターズー発行 / 1998.12 )

ケージの床に金網メッシュすのこを「おすすめ」している書籍の理由

では逆に、ケージの床をメッシュタイプの床にしたほうがいいと書かれている書籍の理由はというと、以下のように書かれていました。

床もメッシュとし、尿や便が下のトレーに落ちるようにしておくとよい。板状の床にすると、糞便汚染と、それによる疾病拡散のリスクを高めることになる。また、被毛の着色も置きやすい。
床も金属製にすれば尿や便が体につかない
[参考文献] 「げっ歯類の臨床」(V.C.G Richardson 著 斉藤久美子・林典子・岡哲郎 訳 / 株式会社インターズー発行 / 1998.10)
「エキゾチック動物の看護」(斉藤久美子 著 / 株式会社ファームプレス発行 / 2001.6 )

「掃除がしやすいから」というより、「オシッコやうんちが体についてしまうことで起きるリスクを避けるため」という理由のようです。

「足を挟めてしまう恐れがなく、排泄物などの汚れが体につかない床環境」が、チンチラにとって理想的な床環境といえます

チンチラについて書かれた飼育本や獣医学書でケージの床について調べてみた上で、チンチラにとって理想的な床環境を考えてみると、「足を挟めてしまい骨折してしまうなどの怪我や事故」の危険性がなく、「オシッコやうんちなどの汚れが体につかない」衛生面が保たれる床環境にしてあげられれば、チンチラにとって理想的といえると思います。

そのためにできることは、

チンチラに適したケージの床をつくるためにできること

付属の金網メッシュすのこの上に一枚板を敷くなどして、隙間をなくし平らな床面をつくる。もしくは、付属の金網メッシュすのこを外し、受け皿を床として使用する。
ケージ床の上に、食べても安全で足にやさしい敷き材を敷いてあげる

床板で金網メッシュすのこのような足を挟めてしまうような隙間を塞ぎ、オシッコやこぼしてしまった水などを吸い取ってくれる食べても安全な敷き材を敷いてあげれば、問題点をクリアできると思います。

チンチラのケージ床の敷き材として適したもの

チンチラのケージ床の敷き材として何を選ぶのか・・・。

チンチラにとって理想的な床の敷き材として求められることは、食べても安全なものかどうか、チンチラの足にやさしいものか、吸水性が優れているかどうかだと思います。

ケージ床の敷き材で、食べても安全なもの・・として私が思い浮かぶのは、「ウッドチップ」か「乾草」ですが、チンチラについて書かれた飼育本や獣医学書ではどのように書かれているかをみてみると、

チンチラのケージ床の敷き材として使用できるもの

加熱処理済みのウッドチップ
乾草
コーンチップ
爬虫類の床敷きとして販売されているココヤシの実の殻を刻んだもの (T-Rex社)
[参考文献] 「ザ・チンチラ」(リチャードC.ゴリス 著 / 株式会社誠文堂新光社発行 / 2002.2)
「わが家の動物・完全マニュアル チンチラ」(Richard C.Goris 総監修 霍野晋吉 医学監修 / 株式会社スタジオ・エス発行 / 2000.10)
「カラーアトラス エキゾチックアニマルの診療指針」(霍野晋吉 著 / 株式会社インターズー発行 / 1998.12 )

と書かれています。

乾草で床の敷き材としておすすめされているのはイネ科牧草のバミューダグラスですが、バミューダグラスがなぜよいといわれているかというと、茎が細く、水分を吸収しにくい特徴があるので、オシッコやこぼれた水分などが草の間から受け皿に落ち、表面は常にサラサラ感が保てて、体に汚れがつきにくいとされているからです。

「吸水性がよい」もので、「足にもやさしい」とすると、最も適しているのはウッドチップだと思います。

ウッドチップについて、「わが家の動物・完全マニュアル チンチラ」では、スギや松など針葉樹製のものはアレルギーの原因となる場合があるので、ポプラなどの広葉樹製のものを選ぶように書かれていますが、

「ザ・チンチラ」では、スギや松など針葉樹には揮発成分が含まれており、肺炎、肝炎、腎臓炎などの病気を誘発しますが、揮発成分は熱処理でとばせば安全なので、必ず加熱処理済みのものを選ぶように書かれています。

ウッドチップに多く含まれていた木の粉をふるっています チンチラ ブログ ティモ

床の敷材・おトイレ用ウッドチップ選びを侮るなかれ の記事で書いたのですが、ティモがウッドチップに大量に含まれていた「木の粉」を吸い込んで発作を起こしてしまったという事件がありました。

そのときに選んだウッドチップは針葉樹ではなくて広葉樹製のものでした。

「広葉樹のウッドチップを選んでおけば安心」という思い込みは危険なので、ほぐしたときに木の粉が手にいっぱい付着するようなものは避け、「木の粉が少ないもの」を選んであげることも大切だと思います。

チンチラのケージ床の敷き材としてふさわしくないもの

では、逆にチンチラのケージ床の敷き材として適していないものをリストにしておきたいと思います。

チンチラのケージ床の敷き材としてふさわしくないもの

新聞紙
猫のトイレ用の紙ペレット
ペットシーツ
布類
[参考文献] 「ザ・チンチラ」(リチャードC.ゴリス 著 / 株式会社誠文堂新光社発行 / 2002.2)
「わが家の動物・完全マニュアル チンチラ」(Richard C.Goris 総監修 霍野晋吉 医学監修 / 株式会社スタジオ・エス発行 / 2000.10)

これらは全て、「食べても安全なものではない」という理由でふさわしくないとされています。

新聞紙やペットシーツを直接ケージの床に敷いて使われている方もいますが、きっと、全く興味を示さず食べたりしない子だから使っているんだと思います。

布製の床パットも販売されており、一枚板などを敷いて平らにした床の上に敷くならよいと思うのですが、金網メッシュすのこの上に直接布製の床パットを敷いているだけで、ジャンプして下りてきた時に足にかかる負担をなくしてあげられるのかどうかは疑問です。

サイズによっては引っ張ったりすることも考えられるので、噛み癖がないかどうかもポイントになると思います。

チンチラ「ティモ」のためのケージの床環境づくり

それでは、実際にティモのケージの床環境をどのようにしているか紹介したいと思います。

金網メッシュすのこの上に敷くケージ床板づくり

チンチラのティモのケージの床板 金網メッシュすのこの上に発砲スポンジ板を張り付けた板材と、汚れを受けるための板材と2枚重ね

まず最初に平らな床面をつくることから始めました。

金網メッシュすのこをティモのケージ床にするつもりはもともとありませんでしたが、どんな素材がいいのかな~?と考えて、チンチラのティモの足にやさしい素材にしたいと木材にすることにしました。

木材なら指定のサイズにカット加工することも簡単にできます。

用意したもの

シナ版画板(t:4mm) × 計6枚
(ホームセンターでサイズを指定してカットしてもらったものを6枚)
耐衝撃吸収用の天然ゴム発砲スポンジ板(裏面に接着用のシールが付いているもの)
(床面積の大きさ分)
ホームセンターで購入したシナ版画板 厚さ4mm チンチラのティモのケージの床材として使用
シナ版画板 厚さ4mm

素材として一番理想的なのは無垢の木材の1枚ものですが、ホームセンターで見つけられなかったので厚さ4mmのシナ版画板を選びました。シナ版画板はわかりやすくいうとべニア板で、接着剤を使って薄い板やチップを貼り合わせたものなので、口に入れると有害です。「ザ・チンチラ」の中でも、ケージ内部加工に適さない材質と書かれています。今回はケージの床面積いっぱいに敷き詰めるので齧られないで済んでいますが、齧られてしまう場合にはすぐに使用を中止したほうがいいと思います。
チンチラのティモのケージの床材の裏に貼ったスポンジ NR系ゴムスポンジ ケージ床メッシュの防音対策とジャンプして降りたときの衝撃を和らげる働きをしてくれます
イノアックコーポレーション 発砲ゴム 接着剤付き 厚さ10mm

床にジャンプして降りたときの衝撃を緩和するために裏面に貼るための発砲ゴムです。ホームセンターの品番は「RST102020」。ネット検索しても出てこないので問い合わせしたところ、ホームセンター向けの専用品番だそうで、メーカー品番は、「N-145」、NR(天然系)ゴムスポンジで、硬さは中硬度で規格は20±5にあたります。ぴったりのサイズはなかったので、20cm角のものを数枚買って、カッターで切って貼りつけることにしました。
東京防音 天然ゴム 発砲スポンジ板
東京防音 天然ゴム 発砲スポンジ板(粘着付)NS-400
(未評価)実際に使用していないため
幅:300mm 奥行:300mm 厚:10mm
私がホームセンターで購入したものとメーカーは異なりますが、同じ効果が得られると思います。床板の裏面に貼りつけると、ジャンプして下りたときに程よく衝撃を吸収してくれるので、チンチラの足にもやさしいし、騒音防止にもなります。カッターで好きな大きさにカットして使用することができます。

楽天市場Amazon

選んだ2つの材料は、どちらも「食べたら有害」なものです。

理想をいえば無垢の板材を使ってあげたかったですが、手に入りにくいことと、床面積ぴったりに敷いてあげれば齧ることもないと思うので、価格を抑えてべニア板を選びました。

耐衝撃吸収用の発砲ゴムスポンジは裏面に貼るので、掃除のときにいたずらされないように注意すれば、普段齧られることはないと判断しました。

 

チンチラのティモのためのケージの床板づくり 工夫したこと

工夫したこと

手作りの床板はケージ床の横幅の半分のサイズで2枚並べるようにする。
裏面に発砲スポンジを貼り合わせた土台となる床板を2枚、上に重ねる汚れを受けるための床板を2枚、計4枚を使用してケージ床をつくる。
土台となる床板の上に重ねる汚れを受けるための床板は、余分に用意しておいて、ケージのお掃除の度に除菌スプレーで掃除をして乾かして交互に使うようにする。

天然ゴムの発砲スポンジ板を貼りつけた床板は長く使いたいので、その上に汚れを受けるための床板をもう一枚重ねて使うことにしました。

ウッドチップの上でオシッコをすると吸収しきれなかった分は床板に届いてしまうので、除菌スプレーをして拭いたものを乾かしておいて、1日2回のケージのお掃除の時に乾いたものと交換して、また除菌して・・・というサイクルで回しています。

どうしても汚れてしまうので、汚れがひどくなってきたら新しいものと交換するようにしています。

ホームセンターで購入すると、シナ版画板(300mm×450mm)1枚あたり300円くらいで、カット加工代も50円程なので、消耗品と割り切ってよい価格じゃないかなぁと思います。

隅には段差防止と異なった肌触りを楽しめるようにタイルを置きました

半分の大きさの床板を2枚横並びに敷いたことで、出し入れもしやすく、ケージのお掃除の際には金網メッシュすのこに汚れたウッドチップなどを掃いて落とすこともできるので扱いやすくなったのですが、一つ問題が・・。

それは、端に重さのあるものを乗せると重みで一方に傾いてしまい、2枚の床板の接している部分に段差ができてしまうことがあることです。

ちょっとした段差があると、不意に足を引っ掻けてしまうことも考えられるし、齧ることができる面をつくることにもなってしまいます。

チンチラのティモ ケージの床環境 手作りのケージ床板 2枚を横並び 片側に物を置くと段差ができてしまう

そこで、ところどころに小さなサイズのタイルを置いてバランスをとることにしました。

置いた場所は、ステージやホイール回し車から直接ジャンプして下りる着地面を避けて、隅っこに配置しました。

チンチラのティモのケージの床環境 ウッドチップとタイル

このように配置したことで、ウッドチップを敷く面とタイルの面との仕切りもわかりやすくなって、ウッドチップを敷く量を一定にすることができるようになったのが私にとってのメリット、ティモにとってのメリットは、異なる肌触りの床面があることで、室温や湿度やその時々の気分によって心地よい気分転換にもなるんじゃないかな~と思っています。

手作りのケージ床板の上に敷いているウッドチップ

チンチラのティモのチンチラケージ 床環境 着地する面を中心にウッドチップを敷いています

手作りのケージの床板を敷いたら、続いて仕上げに入ります。

チンチラのティモは、カメラのシャッターが追い付かないくらい猛スピードでホイール回し車を走って、勢いよくジャンプして着地したり、2Fからリズミカルに1Fに降りてきたりするので、一番足にやさしい床環境にしてあげたいエリアが写真の中で囲っている部分です。

さらに、オシッコをするところにウッドチップを敷くようにしてからは、「やわらかい床の敷き材が敷かれている場所はおトイレ。」と覚えたティモ。

ホイール回し車の下に置いている「カワイ わらっこ倶楽部 ごろ寝ソファー」の中にもウッドチップを入れて1F用のおトイレにしているのですが、そちらを使うこともあるけれど、床敷きのウッドチップの上でオシッコをすることの方が多いです。

現在愛用中の床の敷き材:ホームセンターコーナン LIFELEX 小動物用ウッドマット

チンチラのティモ 愛用中のウッドチップ ホームセンター コーナンの広葉樹チップ

こちらが、チンチラのティモのケージ用に現在愛用している、ホームセンターコーナンのプライベートブランド「LIFELEX」のウッドチップです。

「ウッドチップはアレルギーの起こりにくい広葉樹のものを選ぼう。」と安心して選んでいましたが、ティモがドギーマンハヤシの広葉樹ウッドチップの木の粉を吸い込んで発作を起こしてしまってから、「できるだけ広葉樹のウッドチップを選んであげたいけれど、それ以上に木の粉が少ないウッドチップを選んであげたい」と思うようになりました。

ホームセンターコーナンのプライベートブランド「LIFELEX」の小動物用ウッドマットを使い始めてから、ティモは1度も発作を起こしていないので、今ではすっかり我が家の定番になっています。

ホームセンターコーナン オリジナル LIFELEX 広葉樹(白樺)ウッドチップ チンチラのティモの愛用品
ホームセンターコーナン LIFELEX 小動物用ウッドマット

現在愛用している、ホームセンターコーナンのプライベートブランド「LIFELEX」小動物用ウッドマットです。広葉樹の白樺が原材料で、原産国は中国です。このウッドチップを使い始めてからは1度も発作を起こしていないので安心しています。ただ、ロッドによってチップの大きさにばらつきが大きく、木片が入っていることもあるので、ほぐしたときに必ずよく揉みこんで先端が尖っていて危ない木片がないかどうか確認しています。
コーナンeショップ
doggyman-whitebirch-chips
ドギーマンハヤシ ミニアニマン しらかばマット

ドギーマンハヤシの「ミニアニマン」シリーズ。原産国は中国です。原材料の白樺自体はやわらかく肌触りもよいのですが、一緒に圧縮されている木の粉の量が多いです。くしゃみを引き起こす原因になる可能性が考えられるので、エアコンをつける時期は特に注意が必要です。
楽天市場Amazon

チンチラにとって理想的なケージ床環境を保つためには、掃除の手間やコストもかかります

チンチラのティモのためのケージの床環境つくり 

実際に、チンチラのティモのためのケージの床環境をつくってあげたいと思って色々と試行錯誤を続けてきたわけなのですが、留意しておかなければならないこともあります。

それは、掃除が金網メッシュすのこを床にしている場合よりも手間がかかるということと、ウッドチップを掃除の度に交換するのでコストもかかるということ、そして、健康管理をするためにさらに労力を費やさなければならないということです。

私は、ティモが1日にどのくらいうんちをしたのか、1日にどのくらい牧草を食べたのか、どちらも量をはかって記録をつけています。

チンチラのティモ ケージの床敷き オシッコの吸収力があり、やわらかくて足にやさしい、食べても安全なもの

ウッドチップが敷かれていることで、うんちはウッドチップの中に紛れこんでしまうので、一目でうんちの量や状態はわからないし、うんちを集めるのも地道な作業です

さらには、ウッドチップの上に食べ散らかした牧草が散在するので、どれぐらい牧草を食べ残したのかを分析するのにも労力がかかります。

大変だと思うこともありますが、ケージのお掃除の間にケージの床が金網メッシュすのこの状態になっているときに、ティモがいつもの調子でドドドーっと下りてきて、痛そうに目を細めてかがみこんでいる姿をみて、「あぁ、やっぱりティモのケージの床環境はティモの足を守ってくれているんだな~」と、この床環境にしてよかったな~と思いました。

ティモがホイール回し車を猛スピードで走って、勢いよく跳び下りて、「エッヘン!」と言わんばかりに得意げな表情をしているのをみると、私もいっぱい元気をもらいます。

人それぞれライフスタイルも異なるので、誰でもみんなこうするべきだ!とは全く思っていませんが、チンチラにとって理想的なケージ床環境と、人間にとって扱いやすいケージ床環境は相反する気がしています。

チンチラと飼い主と、双方が歩み寄れる着地点は皆それぞれで、何通りもあると思うので、自分たちならではの着地点をみつけられたらいいんじゃないかな~と思います。

チンチラのティモ 部屋着パーカーの中に潜り込むのは毎日の日課
部屋着パーカーに潜り込むで遊ぶのが毎日の日課のティモ

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)