ケージ比較:KAWAIコンフォート60 or SANKOイージーホームハイメッシュ

こんにちは。

今日はポカポカ陽気。。春もすぐそこまで来ていますねぇ。。

Mame夫は、花粉を敏感にキャッチして、くしょんくしょんしてます。

チンチラをお迎えするために準備したものリストの中では、ティモをお迎えするために準備したものを紹介しました。

中でも「ケージ選び」はチンチラの一生を左右するといっても過言ではない、もっとも重要なアイテム選びになるので、「こんなはずじゃなかった。」なんてことのないように、しっかり吟味して決めてほしいなぁと思います。

今回は、小動物用品を取り扱う国内2大メーカーの株式会社川井さんと株式会社三晃商会さんの代表的なケージの違いについてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

カワイ or サンコー ?

「チンチラにとって理想的なケージってどんなもの?」で書いてみた理想的なケージに近いものを国内メーカーで探してみると、幅広く販売されていて候補にあがるのは株式会社川井さんか株式会社三晃商会さんの商品だと思います。

カワイさんでいうと、「コンフォート」シリーズ。

三晃商会さんでいうと、「イージーホーム」シリーズ。

 

幅は60cmタイプと80cmタイプとありますが、幅80cmタイプは私自身が実際に見たことがほとんどないので、わかる範囲の60cmタイプで比較してみたいと思います。

ティモのケージはカワイさんのスーパーケージ コンフォート60 ハイルーフタイプです。

こちらは一時期「限定」で発売されたらしく、現在メーカーサイトには載っておりませんが、今も販売しているお店もあり購入できるので比較表に載せてみました。

カワイ コンフォート60とコンフォート60ハイルーフタイプと三晃商会イージーホームハイメッシュの仕様比較表

カワイ コンフォート60
カワイ スーパーケージ コンフォート60
(未評価)実際に使用していないため
定番商品の「コンフォート60」です。ティモが愛用している「ハイルーフタイプ」はこちらの定番商品の高さを18cm高くしたバージョンで、高さ以外の構造は同じです。単体で使う場合は、チンチラにとっては最低の大きさで、せめて高さを高くしてあげたいので、「タワー」を重ねて使うことをおすすめします。
楽天市場Amazon
kawai-comfort60-highroof
カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプ

「カワイ コンフォート60」の高さが18cm高くなった「ハイルーフ」タイプ。限定品として販売されていたものですが、現在もわずかな店舗で取扱いされています。ケージ壁面のマス目は3cm、床の金網メッシュすのこのマス目は1cmと、チンチラにとってはやや大きめに感じます。単体で使うにはケージ正面の高い位置に小窓がないなど、チンチラ飼育には残念な面もありますが、別売のタワーを上に乗せることができるのが大きなメリットの一つです。
うさぎの丘さん
三晃商会 イージーホームハイメッシュ 以前使っていたケージ
三晃商会 イージーホームハイメッシュ

初めてチンチラをお迎えするときに購入したケージでした。ケージ壁面の碁盤の目の大きさや、正面に小窓があるところなどよいところもあるのですが、ステージなどの適合商品が少ないことや綺麗に掃除ができないデメリットが大きく感じられました。
楽天市場Amazon

表にしてみると、ちょいちょい特徴が異なって興味深い。。

寸法

外寸で幅は620mmと両社同じ。奥行はカワイ コンフォート60が470mm、三晃商会 イージーホームハイメッシュが505mm。

数字だけで想像すると三晃商会 イージーホームハイメッシュの方が広そうに思えますが、実際はカワイ コンフォート60の方が内寸が広いです。

なぜかというと、外寸表記はケージ壁面ではなく本体ベースの大きさをもとに書かれているからです。

三晃商会 イージーホームハイメッシュは本体ベースカバーがケージ壁面のメッシュをロの字を書くように大きく囲っているので、外寸はカワイ コンフォート60よりも大きくなっています。

高さは、三晃商会イージーホームハイメッシュが一番高いです。

本体ベースの素材

本体ベースというのはいわば土台のようなものです。

カワイ コンフォート60は鋼材(鉄)に塗装仕上げをしてあります。一方、三晃商会 イージーホームハイメッシュは樹脂(プラスチック)製です。

本体ベースの耐久性はカワイ コンフォート60の鋼材の方が優れています。

三晃商会 イージーホームハイメッシュの素材は樹脂製なので、鋼材より耐久性が劣りますが、三晃商会さんは交換パーツが充実していて本体ベース部分も破損したときには買い替え可能というメリットがあります。

ケージ壁面

ケージ壁面がどうなっているかは、「チンチラにとって理想的なケージってどんなもの?」でも取り上げたように、とっても重要な部分です。

升目の大きさでいうと、三晃商会 イージーホームハイメッシュの方が20mm角で、カワイ コンフォート60は30mm角なので、三晃商会 イージーホームハイメッシュの方がより小さな小動物を考慮して作られているといってよいと思います。

カワイ コンフォート60のように升目の大きさが30mm角だと、赤ちゃんなら通り抜けできる大きさなので、将来繁殖を考えているなら別途対応が必要になります。

そして、素材について。

カワイ コンフォート60はスチール クロームメッキ塗装仕上げと書かれていますが、三晃商会 イージーホームハイメッシュには特に何も書かれていません。

スチールというのはわかりやすくいうと鉄です。錆びにくくするために施されている「クロームメッキ塗装」とは、身近でいうと蛇口などに施されている塗装仕上げと同じです。

錆びにくくする効果がありますが、「錆びない」わけではありません。

ただ、「錆び」にたいして対策をこうじてくれているので、三晃商会イージーホームハイメッシュよりカワイ コンフォート60の壁面メッシュの方が「錆び」に強く素材のグレードが高いといってよいと思います。

実際、先代が使っていたのが三晃商会 イージーホーム ハイメッシュだったのですが、購入直後はよかったもののどんどんケージ壁面の艶感が失われていきました。

ケージ開口部

ケージ開口部がどうなっているかということも、日々のコミュニケーションのとりやすさだったり、レイアウトのしやすさだったり、掃除のしやすさだったり、結構大切なポイントです。

カワイ コンフォート60と 三晃商会 イージーホームハイメッシュでは特徴がかなり異なります。

カワイ コンフォート60は側面にも開口部が設けられているのがおっきな特徴。

一方、三晃商会 イージーホームハイメッシュは側面に開口部はないものの、正面に上下に開口部がついているのがおっきな特徴です。

カワイ コンフォート60と三晃商会 イージーホームハイメッシュの比較 正面開口部の位置の違い

私は、カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプの上にスーパーケージ タワーを重ねていて、タワーに小窓がついているので今は特に困っていませんが、単体で使うなら三晃商会 イージーホームハイメッシュのように開口部が上下に設けられているほうが断然便利です。

カワイ コンフォート60の正面開口部の2つのうちの1つは、手を入れてペレットなどを追加したりできるためのもので、開けてなでなでしたりコミュニケーションをとったりできるように考えられて設けられたものではありません。

また、カワイ コンフォート60は左右の側面に1か所ずつ開口部が設けられていますが、これがあってよかったと思った経験が1つもありません。

レイアウトで開口できなくなる配置にしてしまう可能性が高いので、側面に開口部を設けることが価格を上げる要因になっているなら要らないですね~。

床面

床面が金属のメッシュになっているのは両社とも同じ。カワイ コンフォート60はステンレスですが、三晃商会 イージーホームハイメッシュは特に何もうたわれていないので、おそらくケージ壁面と同じ素材と仕上げなんだと思います。

実際に使われている方のレビューを拝見すると、カワイ コンフォート60の方が音がうるさいと書かれている方が多くみられます。

きっと、ケージの構造がカワイ コンフォート60と三晃商会 イージーホームハイメッシュで大きく異なるからだと思います。

カワイ コンフォート60は床面メッシュすのこが引き出せるようになっている分、本体ベースのバーに引っ掛けて固定しているだけなので、安定感が乏しくジャンプして降りたりすると音がすると思います。

一方、三晃商会 イージーホームハイメッシュは、ケージの上側(壁面と天井にあたる金網)と床面メッシュすのこが組み合わさって本体ベースに固定されるようになっているので、動きがほぼなく音もしづらいと思います。

が、しかし。。

この構造は、いかに掃除がしやすいかということにおっきく影響してきます。

私は、三晃商会 イージーホームハイメッシュの特許もとっているこの構造が嫌でカワイ コンフォート60に乗り換えたといっても過言ではない。。。

三晃商会 イージーホームハイメッシュの床面構造

三晃商会 イージーホームハイメッシュ 私が思う扱いにくいと思うところのまとめ

カワイ コンフォート60の床面構造

カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプ 商品レビュー 扱いやすさのまとめ

レビューにありました「音がうるさい」という問題は、ティモの場合は、床面メッシュすのこの上に板を敷いて、裏面には衝撃を吸収するためのゴムを貼りつけているので全く気にならないです。

床面メッシュすのこは、「掃除をしやすく」するために付属されている機能性を付加された床ですが、動物のことを考えたら全く快適な床ではありません。

特にジャンプして降りることが多いチンチラにとって、足の裏に与える負担を考えるとかわいそうです。

ティモも掃除中にステージからジャンプして床面メッシュすのこに降り立つことがありますが、一瞬丸くちぢこまって目を細めます。

板材の床に慣れているティモなので、いつもと違い足が痛かったんだと思います。ぜひ、床板を重ねてあげてください。

チンチラのティモのチンチラケージの床面 カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプ
金網メッシュの上に、裏面に耐衝撃用のゴム製クッションを張り付けた板を乗せ、
その上に汚れを受けるための板を乗せて使用しています。

ケージアクセサリーのバリエーション

ケージアクセサリーなどのオプションパーツのバリエーションが豊かかそうではないかも、結構おっきなポイントです。

小さなステージや巣箱は、メーカーを問わずにあわせられるものがほとんどですが、ケージに適合した大きなステージもメーカーから販売されていて、生活空間を活動エリアとくつろぎエリアにわけるために役立ちます。

ただし、メーカーが異なるとサイズが合わないので、メーカーを揃えなければいけません。

三晃商会 イージーホームハイメッシュ 適合ステージ

三晃商会 イージーホームハイメッシュ 適合ステージ
三晃商会 イージーホーム用メッシュステージ 853

三晃商会 イージーホーム専用のメッシュステージです。原産国は中国。材質はスチール製です。安定感もあり使用に問題はないのですが、もっとバリエーションを増やしてほしいところです。
楽天市場Amazon

カワイ コンフォート60 適合ステージ

カワイ コンフォート60用ロフト
カワイ コンフォート60用 ロフト

コンフォート60用専用のロフトです。これで大丈夫なの?と思ってしまうくらい簡単な固定方法ですが、使用に問題はありませんでした。網目の大きさは12mmです。
楽天市場Amazon
うさぎのしっぽさんのオリジナル ロフト
うさぎのしっぽオリジナル しっぽロフト ~広々リビング~
(未評価)実際に使用していないため
こちらはうさぎ専門店「うさぎのしっぽ」さんのオリジナルロフトです。実際に使用したことがないので詳しく紹介できませんが、「コンフォート60」でもバージョンによって合わない場合もあるようなので、ご検討される場合は一度お問い合わせください。
うさぎのしっぽさん
カワイ ウッドフロアー W チンチラのティモのケージに取り付けたステージ
カワイ ウッドフロアー W

ティモのケージの1Fと2Fを大きくわけるため役割を担ってくれているウッドフロアーです。大きさは十分、ネジで頑丈に固定するので安定感も抜群です。竹ピンを使用していて、接着剤もノンホルマリンなので安心できます。天然木の皮を剥がすのが好きなティモはフロアーをがじがじ齧っています。ティモにとってはとってもお気に入りなウッドフロアーですが、1本1本の天然木の太さが結構あって、隙間がちょうどチンチラのうんちが挟まって取れなくなる大きさなので、掃除に苦労することと、ネジがなかなか入っていかず取り付けにかなり苦労するのが難点です。
楽天市場Amazon
カワイ コンフォート60適合 ウッドフロアー S
カワイ ウッドフロアー S

こちらはカワイ ウッドフロアー Sサイズです。三晃商会のイージーホームハイメッシュを使用していた時に、合うだろうと間違えて購入してしまったことのある商品です。木の皮を齧るのが好きなチンチラにとって、お気に入りなフロアになると思います。隙間に挟まったうんちを掃除するのが大変だったり、交換設置する際にはネジがなかなか入っていかなくて苦労するという難点もありますが、よい商品だと思います。
楽天市場Amazon

三晃商会イージーホームハイメッシュに適合する専用ステージは1つしかありませんが、カワイ コンフォート60だとうさぎのしっぽさんで販売されているオリジナル商品も合わせて4つから選べます。

この差っておっきいです。

結論 : 私のおすすめ。

色々な視点で比べてみたら、カワイ コンフォート60、三晃商会イージーホームハイメッシュ、どちらも良いところもあればもっとこうしてほしいのに・・と思うところがありますが、私はカワイ コンフォート60をおすすめします。

今まで比べてきたように、素材の違い、本体ベースの違い、別売ステージのバリエーションの違いからもありますが、一番おっきなのはカワイ スーパーケージ60タワーが発売されたことです。

カワイ スーパーケージ60タワーを組み合わせることで、ぐぐっとケージが広くなり、レイアウトの幅が広がりました。

既にコンフォート60や、ハイルーフタイプを使われている方で、まだタワーをつけていない方がいらっしゃったら、是非是非おすすめしたい商品です。

ただ、カワイさんは「数量限定」「○○限定」が多く、タワーもいつ販売終了になるかわからないので、検討されていらっしゃる方はお早めにご決断を。

kawai-comfort60-tower
カワイ スーパーケージ 60タワー

カワイ コンフォート60 ハイルーフタイプに重ねて使っています。重ねて固定するだけなので大丈夫かなぁ?と心配な気持ちにもなりましたが、問題なく使えています。タワーを重ねることで全長が高くなった分広くなったことも嬉しいですが、正面に小窓が2つ増えたのも嬉しいと思えるひとつです。
楽天市場Amazon

 

チンチラのティモ SBSコーポレーションの円筒巣箱から顔を覗かせている様子

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 美絵

    こんばんわ
    いま、家で放し飼いですが、ケージの生活に切り替えようと思っています。
    いきなり狭くなって、かわいそうな思いをさせるとは思います。
    どのようなレイアウトで、飼われているのか検索したところ、このページにたどり着きました。
    たいへん参考になります、ありがとうございますm(__)m

    • Mameco
      by Mameco

      美絵さま

      メッセージをありがとうございます。
      嬉しいお言葉、励みになります^^

      確かに急激な生活環境の変化はストレスを感じてしまうと思うので、
      徐々に自由に行動できるエリアを狭めていったり、
      まずはケージを開けっぱなしの状態で置いてみて、
      ケージの中の方が安心して寝れるとか、居心地がよいとか、お気に入りのハンモックがついててゆらゆらできるとか、
      良いことがあるんだってことをわかってもらえるように出来たら、ストレスも減らせるんじゃないかな?と思います。

      ぜひ、一番のお気に入りの場所になるような住まいをつくってあげて下さいね^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)