チンチラのための夏対策2016の評価 : 「湿度対策」と「暑さ対策」の合わせ技が成功のカギ

2016年も10月に入り、最高気温が徐々に下がってまいりました。

今年は、梅雨時期よりも秋雨時期の方が暑さ+湿度が高くて辛くて記憶に残りそうです。。

早く過ごしやすい季節になってほしいなぁ~。。

チンチラのティモのカメラ目線

 

ティモは?というと、食欲、うんちの状態ともに気になるところはなく過ごしてくれています。とはいえ、人間でさえキツイ季節なんだから、チンチラのティモにとってはもっとキツイはず。。

あともうちょっとの辛抱だよ。。がんばろっ!!

スポンサーリンク

昨年と今年で大きく異なるティモのチンチラケージでの過ごし方

来週から気温も20℃前半に落ち着いてくるという天気予報をみて、もうまもなく「夏対策」も山を越えるのかな~と思うと、「今年の夏の対策」はどうだったのかと考えるようになりました。

今年の夏の対策は、ティモにとってどうだったんだろう?成功だったのかな?そう考えたときに、ティモのケージでの過ごし方が、昨年と今年で大きく異なっていることに気が付きました。

チンチラのティモが、昨年と今年でどんなふうに異なったのかというと、それは昨年はチンチラケージ内に設置した涼感グッズを頻繁に利用していたのに対して、今年は涼感グッズを全く利用しなかったことです。

それが、「今年の夏の対策が成功だったかどうか」を判断する大きなカギになるんじゃないかな~と思います。

ティモの様子:2015年夏

2015年夏のチンチラ ティモの様子 ハイペットのL型固定式ひんやりマットの上にお腹をぺったりくっつけて寝ているところ
2015・夏
ハイペット ひや~っと気分!L型固定式に身をゆだねるティモ
ハイペット ひや~っと気分 L型固定式
ハイペット ひや~っと気分 L型固定式

夏の時期にティモのチンチラケージに取り付けているハイペットさんの商品です。アルミ製で触ると確かに冷たく感じるので、エアコンを用いての暑さ対策にプラスαするためのものとして使っています。同じタイプの商品には置くだけのタイプもありますが、ぐらつきを抑えることができるのでL型の固定式の方がおすすめです。ただ、この商品だけでステージとして使うにはアルミ板が薄くエッジ面が直角で鋭く感じるので危ないんじゃないかなぁと思います。
楽天市場Amazon

涼感グッズとして購入した、アルミ製の「ハイペット ひや~っと気分!L型固定式」にお腹をぺったりとくっつけて寝ているティモ。

この様子は毎日とはいいませんが、頻繁にみられました。

チンチラのティモが、涼感グッズの上でのんびりしている様子をみて、

ティモは涼感グッズが好きなんだな~。

と単純に考えていました。

ティモの様子:2016年夏

チンチラのための湿度対策も施し ケージ内のひんやりマットは利用されなくなった様子

今年はというと、「ハイペット ひや~っと気分!L型固定式」の上に体全体を乗せるということはなく、

手前にちょこんと座って、入りきれなかったお尻が「ハイペット ひや~っと気分!L型固定式」に乗っているという感じで、2015年のように「ハイペット ひや~っと気分 L型固定式」の上でゴロンと身を委ねて寝ている姿は1度もみられませんでした。

今年(2016年)の方がチンチラのための「夏対策」は成功

昨年と今年を比較すると、「涼感グッズをティモが愛用したかどうか」という点で、このように大きく異なりました。

きっと、昨年よりも今年の方がチンチラのティモにとって、夏を快適に過ごすことができたから涼感グッズが必要なかったということを示しているんだと思います。

2016年のチンチラのティモのための「夏対策」で改善した3つのこと

2016年のチンチラティモのための夏対策として行ったこと

昨年と比べて、チンチラのティモのための「夏の対策」として「改善」したことは、

2016年の「夏対策」で改善した3つのこと

除湿機を用いた湿度対策を取り入れた
ティモの部屋では真夏の間もずっと真冬仕様のモコモコ部屋着パーカーを羽織って過ごすようにした
エアコンの設定を見直した

の3つです。

ティモが、「涼感グッズ」に頼らずに済んだのは、この3つの改善点の効果があったんだと思います。

改善点1:「湿度対策」を取り入れたこと

まず一番大きな改善点といえば、今年は除湿機を購入して湿度対策を取り入れたことです。

チンチラのための湿度対策としてコロナ CD-H1016除湿機を買いました

チンチラのティモのための湿度対策で愛用 コロナ CD-H1016
コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-H1016

除湿能力が9~10リットルクラスの除湿機(コンプレッサー方式orハイブリッド方式)を4社(panasonic、SHARP、三菱電機、コロナ)比較して選びました。決め手になったのは、商品の販売価格、消費電力、運転音が比較した中で一番おさえられていたこと。さらに、排水タンクの容量が断トツで大きく、フィルターが10年交換不要とはいえ、別売りで用意されていることが決め手でした。運転音は比較した4社の中で一番低かったものの実際に使ってみると想像していたよりも大きく、気にならないとはいえません。排水タンクが大容量で4,5リットル入るので、水を捨てる回数が抑えられてよかったです。室温の上昇は必ずおこるので事前に留意する必要があります。
楽天市場Amazon

 

チンチラのティモのための湿度対策として、今年は除湿機を購入しようと思い、今年販売された除湿機(除湿能力:9~10リットルクラス)を比較検討してみました。

各社、力を入れている内容に違いがあって悩むところでしたが、私はその中で最も販売価格が安い割に、消費電力も抑えられていて、排水タンクの容量が断トツで大きいコロナ CD-H1016を購入しました。

実際に使い始めてみると、運転音が想像以上に大きかったり、吐き出す空気が影響が大きいなど、対応に追われたこともありましたが、置き場所を工夫することで問題なく使えるようになりました。

除湿機を使って「湿度対策」をするようになったおかげで、梅雨時期や秋雨時期もチンチラのための飼育環境づくり:理想環境温度と適応できる温度 の記事でまとめたように、チンチラの適応できる湿度である湿度は50~60%前後を保つことができました。

特に今年は、秋雨前線の影響で曇りや雨などすっきりしない日も多く、梅雨時期の湿度対策のつもりで購入した除湿機が秋に入ってからも大活躍しました。

チンチラのための湿度対策として除湿機を購入して本当によかったと思っています。

改善点2:一年を通して「真冬仕様の部屋着パーカーを羽織る」ようにしたこと

続いて、これもきっと良い結果に結びついているんだろうな~と感じているのが、ティモの部屋で過ごす時間は、季節を問わず一年中「真冬仕様の部屋着パーカーを羽織る」ようにしたことです。

夏の間も冬と同じ厚手のパーカーを着てチンチラティモと接しました 暑さや湿度の不快具合がわかるようになりました

いつも「真冬仕様の部屋着パーカーを羽織る」ようにしたおかげで、春先から梅雨時期、夏、季節の変わり目・・と、一年を通して室温や湿度を敏感に感じるようになり、特に「不快」だという感覚はとてもよくわかるようになりました。

 

もともとは、ティモが部屋着の中に潜り込んで遊ぶのが好きだったので、ティモが潜りやすい長めの丈でモコモコした部屋着を買おうと思って購入したのがはじまりです。

ティモはとっても気に入ってくれて、普段はお昼のチンチラケージのお掃除の時にはケージから出てこなかったのに、チンチラケージから出てきて、部屋着の中に潜り込んでウトウトと過ごすようになりました。

春になったら羽織るのをやめようと思っていましたが、羽織っていないとティモが「あれ?今日は潜れない!!」とオドオドと動揺するようになり、春になってからも羽織っていると、「暑い・・」「脱ぎたい・・」と感じる日が出てきました。

でも、ふと・・

私は「暑い」と感じたら衣類を脱いだりして調整できるけれど、ティモはずーっと豊富な被毛で覆われているんだよな~。ひょっとして、ティモも同じように今の室内の環境を「不快」に感じているんじゃないかなぁ・・?

と思ったわけです。

ちょうどその時は、まだ「暑さ対策」を本番と捉えていない春先の出来事でした。

私はそのときに、まだ暑さ対策を本番と考えていない春先から既にチンチラにとっては辛い季節が始まっていて、「季節の変わり目にも注意が必要」なんだということを自分が同じく「不快」と感じることができて初めて認識しました。

以来、ずーーーーっと真冬仕様の部屋着パーカーを羽織り続けています。

ティモにとって必要な「潜り込むトンネル」としての部屋着パーカーだけれど、私にとって「季節を問わず真冬仕様の部屋着パーカーを羽織る」ことは、「室温と湿度」の状態を体感し、「不快」かどうかを判断するためのバロメーターになってくれています。

改善点3:「エアコンの設定」を見直したこと

自分自身も真冬仕様の部屋着パーカーを羽織るようになったおかげで、「暑い」とか「不快」だと敏感に察知できるようになったので、エアコンの設定についても見直しました。

チンチラのティモの夏対策 2015年と2016年のエアコン設定

この表は、2015年と2016年でエアコンの設定をどのようにしたかを表したものです。

昨年は湿度対策をエアコンに頼っていたので、設定を「除湿冷房」にしていたのですが、湿度を下げるためには室温を下げないといけないのでエアコンが頑張りすぎてしまい、設定温度を高めにして調整をしていました。

比べて今年は、湿度対策は除湿機にお任せなので、エアコンは「室温を下げる」ことのみに集中でき、エアコンの設定温度と室温の間の差は少なく、自分で調整する必要はあまりありませんでした。

エアコンのみで湿度を下げるのは難しかったにもかかわらず、昨年はそれ以外の湿度対策をしていなかった上に、室温も25℃を超えないようにすることばかり気にしてしまって、ティモには「不快」だったと思います。

本当に反省しています。

チンチラのための暑さ対策をどうするかのカギは「湿度対策」が握っている

こちらは、チンチラのための飼育環境づくり:理想環境温度と適応できる温度 の記事の中で紹介した、私の手元にあるチンチラについて書かれている家庭向けの飼育書や獣医学書に書かれている内容をまとめたものです。

チンチラの「理想環境温度」

チンチラの理想環境温度 私が持っているチンチラについて学ぶための本にどのように書かれているかをまとめたもの

チンチラの「適応できる温度」

チンチラの適応できる温度

チンチラの「理想湿度」

チンチラの理想湿度

チンチラの「適応できる湿度」

チンチラの適応できる湿度

チンチラのための飼育環境づくり:理想環境温度と適応できる温度 の記事用にまとめるために繰り返し獣医学書に書かれていることを読んだおかげで、「チンチラのための夏対策」に対する考え方が変わりました。

 

私は、「チンチラの適温」を、「適応できる温度の範囲内なら大丈夫」と間違って認識してしまっていたことで、2015年はティモに不快な思いをさせてしまっていました。

本当は、「チンチラの理想環境温度」は、「適応できる温度」よりずっと低く、「適応できる温度」まで室温をあげても適応できる場合というのは、「湿度を50~60%以下」に保てた場合のみです。

チンチラのための「夏対策」には、「湿度対策」と「暑さ対策」があって、「暑さ対策」として室温を何℃に設定するかを決めるカギは「湿度対策」が握っているといえると思います。

[2016.12.17 update]

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by mariko takahashi

    ありがとうございます!

    この情報 とても 役に立ちました!

    うんちが出ず 急に体調を崩していたのです

    わたしのうちも チンチラが来た初年度は

    お部屋 北極化計画を考えたものでした

    ^-^

    • Mameco
      by Mameco

      mariko さま

      メッセージをありがとうございます。

      marikoさまのお言葉、励みになります(*´◡`​*)
      ありがとうございます。

      私たちでさえ過ごしづらい季節だから、もともと高温多湿に適応できないチンチラちゃんたちにとっては
      その辛さはいかばかりだろう・・と思うと、飼育環境をしっかりと整えてあげなくちゃって思います。

      ティモと迎える3度目の夏。

      もっと改善できるところもあるだろうから、ティモの様子を見ながらすすめていきたいな~と思っています。

      これからもどうぞよろしくお願いいたします( ˇ◡ˇ)♡(ˇ◡ˇ )

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)