ストレスとうんちの密接な関係

ティモの健康管理として心がけていること。。

それは、記録をつけることです。

毎日、何をどれくらい食べたか、うんちの状態や量をチェックして記録を残すようにしています。。

お正月にティモを連れて実家に帰ることになったので、慣れない場所で過ごすことがほとんどない分ストレスがかかるだろうなぁと、いつもより気を付けてみてあげなくちゃと。

お泊まり中とその後のうんち観察を強化

日ごろは昼と夜の2回、うんちを集めて重さを量ったり形などをチェックしているのですが、実家では不便も多いので、1日ごとにうんちをまとめて持ち帰り。。

その後数日間もそれぞれまとめてみました。

そして、そして。。こんな感じに。。

チンチラのティモ ストレスとうんちの関係を調べる お泊まり中のうんちをまとめる

滞在内容はというと・・

滞在期間は、2泊3日。

ティモが実家にお世話になるのは今回で3回目。きっと、覚えはあるけれど、慣れてはいない場所には違いありません。

滞在中は、事前に置かせてもらっていた三晃商会のイージーホーム40 ハイがティモのケージです。

SBSコーポレーションの円筒巣箱は普段ティモが使っているものを持ってきました。

普段のケージからしたら3分の1くらいの広さで、回し車もないけれど、仕方ない。。

チンチラのティモ 滞在用のケージ

ティモ別荘こと実家でのケージの中では、ほとんど慣れた丸太ハウスで過ごしました。

夜になると退屈みたいで、「遊ぼう、遊ぼう」とじーっと視線を送ってアピール。

チンチラのティモ お泊まり中の様子 掛け軸をじっと見つめる様子

あっちに行ったりこっちに行ったり。。

色んな物や場所に興味津々で、ジャンプしたり、よじ登ったり、いっぱい冒険していました。

お泊まり中のうんちの変化

3日間のうんちを並べてみるとこんな風になりました。

チンチラのティモのうんち お泊まり中のうんち

1日目は家に置いてきた分もあるのでこれがすべての量ではないのですが、滞在初日はまだ形もよく大きさもほぼ一定だったのに対し、2日目は形や大きさにばらつきがでて割れたり潰れたりしているうんちもあり、3日目になるとさらにそれが多くなりました。

おうちに戻った翌朝のうんちが半分の大きさに!

そして、びっくりしたのが、帰ってきた日の翌朝集めたうんちです。

お泊まりを終えて戻ってきてからのうんち 通常よりも小さなうんちがでるように

きっと、慣れたお家に帰ってきて、緊張してた糸がふっと切れてどっと疲れが出たんだと思います。

広い部屋を走り回って楽しそうに見えたけれど、日中も気を張りながら眠らなくちゃいけなくて疲れたんだろうなぁ。。

帰宅翌朝のうんち(写真の左上)は今までにないほどにとっても小さく、いつもの半分ぐらいの大きさになってしまいました。

チンチラのティモ いつものうんちとお泊まり翌朝のうんちの大きさの違い

いつものうんちの大きさと比較するとこんなに違います。

2日後、3日後と日を重ねるごとにどんどん大きなうんちをするようになって、普段とそんなに変わらないくらいに回復したものの、ストレスはもろにうんちにでるんだなぁと痛感しました。

ストレスに負けない体つくりのために

今回の件を振り返って、普段から健康な状態のよいうんちをすることがとっても大切なんだと痛感しました。

普段ティモのうんちは、平均すると10mm~13mmくらいの大きさで、夕方の活動開始時間にするうんちが一番大きくて立派で、深夜から明け方にかけてするうんちは小さめです。

ストレスを感じる環境でうんちが普段の半分くらいの大きさになってしまうということは、普段から小さなうんちをしている子だと、何らかのストレスがかかってしまったときに更に半分の大きさのうんちを出せるのかとっても疑問です。便秘になったり、腸閉塞、鼓腸症などになる危険が高いんではないかと思います。

ストレスをかけないことが一番ですが、ストレスにも負けず丈夫な体でいてもらうために、普段から高繊維質の牧草を与えたり、胃腸の働きを元気に保てるように心かけないとなーと思いました。

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)