急な用事ができても安心。チンチラのお世話をお願いできる「馴染みの相手」をつくっておくススメ

急に用事ができたりして留守にしなければならなくなったとき、大切なチンチラのお世話をどうするか決めていますか?

もう春もそこまできていて、旅行のシーズンもやってきます。

「旅行にいくつもりはないし・・」と思っていても、予期せぬ事態で家を留守にしなければならない場面もでてくるかもしれません。

今日は「チンチラに留守番をさせる」ことについて書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

はじめにチンチラに留守番をさせるリスクを理解しておく必要があります

チンチラのティモ へやんぽ パーカーの紐もチンチラのティモにとっては立派な遊び道具

何か用事が出来て家を留守にしなければならなくなったとき、チンチラのお世話をどうするか・・。

まず念頭に入れておかなければならないことは、命を落とす危険性もゼロではないということです。

大袈裟だと思うかもしれませんが、私自身、先代のチンチラを留守にするために初めての相手先に預けたことが引き金となって死なせてしまっています。

原因は環境の急激な変化によるストレスによって、食欲不振となり胃腸にガスが溜まって激しい腹痛と腸重積を引き起こしてしまったことです。

もう数年が経ちますが、今でも預けたときの光景が目に焼き付いています。

自分自身がとても辛い思いをしているので、私のブログを訪れてくれた皆さんにも、皆さんが愛しているチンチラちゃんにも、同じような辛く苦しい思いは1秒もしてほしくありません。

完全な草食動物であるチンチラは、主食である牧草などの繊維質を後腸で発酵させることで栄養を摂取していて、腸内細菌はとても重要な役割をしています。

ストレスは胃腸の活動を低下させるだけではなく、腸内細菌のバランスを崩し、毒性の細菌の増殖を招くこともあります。

「チンチラに留守番させる」ことを考えるときに室温管理や世話の方法も大切ですが、それだけでは不十分で、いかにして不安を感じさせず、ストレスを増やさないことができるかが重要なポイントです。

そのために、いつ急な用事が入ってしまったとしても十分に落ち着いて準備ができるように、事前に考えて用意しておくことがとっても大切だと思います。

スポンサーリンク

チンチラだけで留守番させることはできる?

お昼のお掃除の時間はパーカーの中で過ごすチンチラのティモ

「チンチラだけで留守番させることはできるのかなぁ・・? 1泊くらいだったらどうなんだろう??」と考えたことはありませんか?

想像してみると、最低でも必ずクリアしなければならないことは、

適切な室温管理
牧草をきらさない
水をきらさない
排泄物などで汚れた場所の衛生面の管理

の4つです。

ペレットと砂浴びも加えたいところですが、「最低限必要なこと」という条件からあえて外しました。

「わが家の動物・完全マニュアル チンチラ」(Richard C.Goris 総監修 霍野晋吉 医学監修 / 株式会社スタジオ・エス発行 / 2000.10)によると、チンチラだけで留守番させる限界は、温度管理がきちんとできていることが前提で、夏場は1泊程度、冬でも2泊程度と書かれています。

しかし実際のところ、牧草をたっぷり与える、給水ボトルを複数個つけるなどの工夫をしたとしても、一泊以上留守にする場合には、誰かの協力なしにチンチラだけでお留守番させることは危険がつきまとうので不可能だと思います。

最も心配なことは、現在の状況を確認できず何かあってもすぐにかけつけてあげられないことです。

万が一、停電があったりエアコンが故障したりして室温管理ができなくなったら・・?牧草をたっぷり用意しておいたとしても、床に散らかして不衛生な状態のまま放置されていたら・・? 何が起こるかわからない以上、お留守番させる時間が1泊以上になってしまう場合には対策をとるべきだと思います。

スポンサーリンク

留守にしなければならなくなったときにチンチラのお世話をお願いするための選択肢

では、家を留守にするときにチンチラをどうしたらよいかを考えると、選択肢としてはざっくりいうと、

預ける
自宅に世話をしに来てもらう

このどちらかだと思います。

どちらの場合も相手がいることなので、「どこに預けるのか」、「誰に世話をしにきてもらうのか」を決めておかなければなりません。

自宅に世話をしに来てもらう場合

ペットシッターに家に世話をしにきてもらうことを選択した場合は、移動させる必要がなく、いつもの住み慣れた場所なので、チンチラにとっては極端な環境の変化によるストレスを与えずにすみます。

一方で、世話をしにきてもらう時間帯を除いて独りぼっちにさせてしまうことになるので、万が一何かあったときに対応できないことと、寂しがり屋な子には不安な気持ちにさせてしまう可能性も考えられます。

お願いする相手としては、近くに住んでいる知人も考えられるし、ペットシッターさんも考えられます。

どちらの場合でも信頼できる相手であることはもちろんですが、チンチラの飼育に関する正しい知識をもっている人であることも重要です。

事前に家に来てもらい、室温管理のことも含めてどのように世話をしてほしいのかを打ち合わせして、普段の健康状態についてもわかりやすく説明しておくとよいと思います。

預ける場合

チンチラを預けることにした場合、預け先として考えられるのは、

小動物(げっ歯類)専門のペットホテル
チンチラを診てもらえる動物病院

のどちらかに限られると思います。

預け先は『プロ』を選びましょう

チンチラの預け先を考えたとき、選択肢の中から「友人」を外しているのには理由があって、何かあったときにお互いに辛い思いをするからです。

メモしておかなかったので動物病院名まではわからないのですが、「知人に預けたウサギが背骨を骨折して来院」という症例の記録がありました。

預かった方が抱っこをしようとして落としてしまい、背骨を骨折してしまったのだそうです。

その記録の最後は、「予後は悪い」と書かれていました。

預ける側も預かる側も、当初は想像すらしていなかったことが現実に起きてしまい、お互いにとても辛い思いをしたと思います。

自分にとっては知人でも、預けられる子からしたら「知らない人間」に変わりはありません。

緊張してストレスを感じている状況にあるわけですから、仕事として真剣に向き合っている『プロ』にお任せした方がよいです。

スポンサーリンク

どの選択肢が最適かはチンチラの健康状態・個性によって異なります

チンチラのティモ chinchilla timo

住み慣れたお家でお留守番をしてもらって、食餌やケージの掃除などのお世話をしに来てもらうのがよいのか、それともペットホテルに預けたほうがいいのかは、チンチラによって異なります。

とても寂しがり屋で怖がりな子だったら、保育園にいくようなイメージでペットホテルで過ごす方が気が紛れるかもしれないし、逆にケージで過ごす時間が好きな子だったら、必要なお世話はペットシッターさんにお願いして、家で待っていてもらう方が時間が過ぎるのが早く感じられてよいかもしれません。

自分たちにとって都合のよい相手にお願いするのではなくて、チンチラのことを優先してお願いする先を決めてほしいと思います。

いつも一緒に過ごしている飼い主が傍にいないのですから、少なからず何らかのストレスを与えてしまうのは避けられません。

考える際には、ストレスをできるだけ増やさないで済む方法を考えてあげるのが一番ですが、これはあくまでチンチラが十分に健康であることが前提です。

もしも、ちょっとでも体調に不安がある場合には「チンチラを診てもらえる動物病院に預ける」のがベストです。

動物病院で過ごす時間は緊張するしストレスをかけてしまうとは思いますが、何かあったときにもすぐに治療にとりかかってもらえるのが心強いです。

検査入院だと心を鬼にして、預けている間にあわせて健康診断をお願いするという方法もあります。

我が家の愛チンチラのことを一番理解しているのは、飼い主であり家族である自分です。愛チンチラにとって最も良いと思う方法を選んであげてほしいと思います。

スポンサーリンク

初めての相手先なら予行練習しておくことがおすすめです

チンチラのティモ 2014年12月 鶯谷のうさぎさんにて

チンチラに留守番させるときのポイントは、いかにして不安を取り除きストレスを増やさないことができるかだとお話しました。

「うちの子はペットホテルに預けるほうがいいかな。」「うちの子はペットシッターにお世話をお願いしよう。」などと、留守にしなければならないときにチンチラのお世話をどうするかを決めたら、是非、何も用事がないときに予行練習をしてほしいと思います。

チンチラのお世話をペットシッターさんにお願いしようと決めた場合には必ず事前打ち合わせがあるはずなので、事前打ち合わせの時間を十分にとってもらって、チンチラが見ている傍で打合せを行うなどできるとよいと思います。

「環境の急激な変化」に加えて、「精神的な不安」がストレスをより大幅に増やす原因になります。

いくら、私たちが「すぐに戻ってくるからね。」と説明しても、チンチラにとっては何がなんだか訳がわかりません。

知らない場所で、知らない人と一緒に過ごす時間は、1分が1時間にも2時間にも感じられ、不安な気持ちを掻き立てます。

「いつ迎えにきてくれるんだろう。」「迎えにきてくれないかもしれない。」「もしかしたら今日からずっとここで生活することになったのかもしれない。」と、悪いほうに悪いほうに想像を膨らませて、自らストレスを増やしてしまうことも考えられます。

でも、「この前は迎えに来てくれた。」と経験をしていたらどうでしょう? 「今回も来てくれるよね。」と不安な気持ちを多少なりとも減らし、信じて待つことができるのではないでしょうか??

さらに、お世話をしてくれる人に見覚えがあったら、「前回も僕のお世話をしてくれた人だ」と「前回も僕の嫌なことは何もしてこなかったし、今回も大丈夫なはず。」と思ってくれるのではないかなと思います。

さらに、飼い主である私たちとお世話をしてくれる人が初対面ではなく、笑顔で話している姿をチンチラちゃんが見てくれたら、これから独りぼっちになって寂しい思いをさせられるとは想像しにくいし、緊張感を和らげることにもつながると思います。

預けられる場所が、「既に過ごしたことがある場所」。世話をしてくれる人が「前にも自分の世話をしてくれた人」。

チンチラに留守番をさせるときにお世話をお願いする先を事前に経験を積んで、チンチラにとって「馴染みの相手」にしておくと安心できます。

私は、このことをすごく重要に思っていて、先代にも同じことをしてあげられていたら最悪の事態は避けることができたんじゃないかと今でも悔いています。

お世話をしてくれる人を「馴染みの相手」にすることができれば、「前回大丈夫だったから、今回も大丈夫だよ。」と自分も信じることができます。

それはチンチラも同じで、「前回もちゃんと迎えにきてくれたし嫌な思いもしなかったから、今回も大丈夫。」と信じることができます。

不安に思わずに信じていられること、緊張感を和らげてあげられることが、ストレスを増やさない何よりも効果のある薬になると思います。

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)