農林水産省図書館にやってきた

チンチラのティモの主食である牧草を調べたい 図書館で借りてみた本

牧草のことを調べたくて借りてみた本。。

「牧草を食べる」ために、一番知りたいのは「栄養」のことなのですが、牧草の特徴や栽培に関することはなんとなくわかりそうなのですが不十分で。。

もっと栄養のことが知りたい。。と、インターネット検索していると「日本標準成分表」をもとに書かれている記事をちょろちょろと見つけまして。。

「日本標準飼料成分表 」に何か知りたいことが載っているのでは?

と。。

スポンサーリンク

農林水産省図書館にやってきた!

やってきたのは霞が関。農林水産省内にある農林水産省図書館です。

日本標準飼料成分表2009年版を読むために農林水産省図書館にやってきた

読書には縁遠かった私ですが、今では本を求めて農林水産省図書館まで足を運ぶまでに成長し・・、うっうっ、これもティモのおかげだ~。。

 

どこから入るのかと思ったら、建物の正面右側に小さな階段があって、「農林水産省図書館」の文字が。。

イメージと全く異なり、こじんまり。。

 

まずは、申請書に名前などを記入の上、読みたい書籍情報を書いて、荷物は貴重品以外は全てロッカーへ預ける。

自由に読める本のコーナーの奥に「職員以外立ち入り禁止」エリアが広がっていて、お目当ての書籍名をお伝えして職員の方に持ってきてもらうという形でした。

ちゃんと読みたい本の名前を調べてあってよかった~。

日本標準飼料成分表2009年版 表紙

本日のお目当ての「日本標準飼料成分表 2009年版」

なかなか改訂版が発行されず、2009年版が現在の最新版です。

最初はほしいなぁと思ってAMAZONで探してみたのですが、販売価格は3,600円なのに、中古本で最安値で6,800円程。一番高いお店は3万円超えで、ビックリ!

ならば図書館にないのか??と検索して、「国会図書館」と「農林水産省図書館」にあることがわかって、出かけることにしたのでした。

 

後から、政府刊行物オンラインブックストアで今でも購入できることを知って、沢山コピーとるなら買いたかったなぁ~と・・。。

 

と、余談なのですが、図書館内の自由に読める本のコーナーに、マンガの「美味しんぼ」や「もやしもん」が全巻揃っていました。

作物の絵本も色々揃っていて、ゆっくり過ごすのも楽しいだろうな~と思いました。

 

さて、話は戻って、「日本標準飼料成分表」に、「目で見る牧草と草地」、インターネットで集めたPDFなどなど、材料は揃ったぞ。

まずは基本的なこと。。これは書かれているサイトも多いのでさららっと。

牧草を分類してみる

植物学上の分類

イネ科

代表的な品種・・チモシー・オーチャードグラス・イタリアンライグラス・オーツヘイ・スーダングラス・クレイングラス・メドウフェスク

マメ科

代表的な品種・・アルファルファ・赤クローバー・白クローバー・レンゲ

収穫時期の分類

1番刈り
一年で最初に刈り取られる

2番刈り
一年で2回目に刈り取られる

3番刈り
一年で3回目に刈り取られる

プレスの分類

シングルプレス
牧草をまとめる際にかける圧縮プレスが弱い。茎や葉が潰れたり崩れたりするリスクが少なく、屑も出にくい。牧草の質がわかりやすい。牧草の食感が損なわれにくいので歯の健康にも役立つ。

ダブルプレス
牧草をまとめる際にかける圧縮プレスが強いので、輸送の際にはより沢山の牧草を運ぶことができる反面、茎や葉はほぼ潰れたり崩れてしまうデメリットがある。

さららっと、簡単にまとめすぎたかな・・(汗)

もっと他にも、産地の違いによる分類やグレードの違いなどなど、まだまだあるのですが、その辺りは割愛してっと。

私がお伝えしたいことはこんなことではないので、さらっとすっ飛ばして、もっと深いところに入っていきたいと思います。

チンチラのティモのへやんぽタイム

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)