~生後6ヶ月~ チンチラ「ティモ」の飼育観察記録 2014.12

チンチラのティモの飼育観察記録をお迎えしてから順に振り返りながらまとめています。

この記事は、お迎えした2014年12月13日から12月末までの生後6ヶ月のチンチラのティモの飼育記録をまとめたもので、飼育環境を整えるために行ったことやお迎え時のチンチラケージのレイアウトとアイテムリスト、与えた牧草やペレット、体重の変化、うんち量などについて記しています。

お迎えしたばかりの頃は、大人になってから以上に「これでいいのかな・・?」「大丈夫かな・・?」と不安に思うことが多かったので、飼育記録で当時を振り返ってみると「あの時もっとこうしていればよかったな。。」と思うこともあります。

後に変更した点や改善することにした内容は、出来るだけコメントを付け加えたり関連記事を紹介していますので、成長していくティモの記録とともにご参考頂けると嬉しいです。

[2018.04 UPDATE]

チンチラ「ティモ」の飼育環境(2014年12月)

お迎えしたばかりのチンチラのティモ SBSコーポレーションの円筒巣箱で熟睡中

飼育環境を整えるための対策

私たち夫婦がチンチラのティモと暮らし始めた2014年12月。住まいから一番近い気象観測地点の東京都東京の平均気温を調べてみると6.7℃でした。

室内の平均室温は21℃程ありましたが、最低室温は20℃に届かない日もあり、暖かい環境で落ち着いてやすんでもらいたいと思って、チンチラケージに寒さ対策用品も設置して常時ONの状態を保つようにしました。

チンチラのティモをお迎えした2014年12月の東京都東京の気象データ

【季節対策として】

寒さ対策として、チンチラケージの壁面に「みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ+専用ステンレスホルダー」を設置。常時ONにする。

みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ

ショップサイトでみる

翌冬の2015年12月に「マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター Ⅿサイズ」も追加して使用し始め、翌々冬の2017年1月にリバーシブルヒーターのレイアウト場所を遊び用の巣箱の「KAWAI フルハウス」の上にしたところ、ティモが自らすすんでフルハウスで気持ちよさそうに横になって眠るようになりました。
飼育記録を振り返ってみると、お迎えした時点も冬の12月でお迎えしたばかりで免疫力も低下している状態だったはずなので、この時から遊び用巣箱の「KAWAI フルハウス」の上にリバーシブルヒーターを設置して暖かさを感じながら眠れる巣箱をつくり、睡眠用に用意した「SBSコーポレーション 円筒巣箱」とどちらでも好きな方を選んで眠れるようにしてあげればよかったなぁと思います。

【環境対策として】

舞い散る砂や毛の環境対策として、背面がすべてフィルターになっていて半年ごとにフィルター交換タイプの空気清浄機「Blueair Classic 270E(廃番)」を愛用しています。

「Blueair Classic 270E」は家庭向けの空気清浄機で、病院やホテル、厳しい環境下の工場などでも採用されている スウェーデンブルーエア社 の商品です。初期費用はやや高かったですが、お手入れは半年ごとにフィルターを交換するだけ(フィルターの価格は5000円程度)で楽ちんなのと、めちゃくちゃ砂や毛を吸い取ってくれているので買ってよかったと思っています。

チンチラの飼育環境を整えるためにブルーエア空気清浄機を愛用しています

新モデルの「Blueair Classic 280i」をショップサイトでみる

スポンサーリンク

チンチラ「ティモ」のケージレイアウトとアイテムリスト(2014年12月)

チンチラ「ティモ」のゲージ ケージレイアウト お迎えした最初のケージレイアウト

2014年12月のティモのチンチラケージのアイテムリストを見る

A

ケージ

KAWAI コンフォート60 ハイルーフタイプ

B

ケージ(上段)

KAWAI スーパーケージ60 タワー

C

ケージ(屋根)

KAWAI コンフォート60 アーチルーフ

D

床板

土台(裏面に耐衝撃吸収用のゴムスポンジ貼り)+汚れ受けの板の2枚重ね(手作り)

E

2Fフロア

KAWAI ウッドフロアー W

F

巣箱(睡眠用)

SBSコーポレーション 円筒巣箱

G

巣箱(遊び用)

KAWAI フルハウス

Z

巣箱(遊び用)

マルカン チンチラのおへや

H

給水ボトル

CRITTER WARE ガラス製ボトル

I

牧草ポット

KAWAI 牧草ポット ホワイト

K

ステージ

KAWAI スクエアステップ S

L

ステージ

SBSコーポレーション ポプラステージ

M

ステージ

三晃商会 木製チンチラステージ

N

ホイール回し車

Chin World Leo Braun 15” Exercise Wheel

O

トイレ

KAWAI わらっこ倶楽部 ごろ寝ソファー

Q

砂浴びボックス

三晃商会 チンチラバス 751

R

かじり木

KAWAI がじがじフェンス S

r

かじり木

KAWAI がじがじフェンス M

S

ハンモック

小岩ペット オリジナルモルモットミニハンモック

T

温湿度計

SMARTEK 温湿度計 MH-233-WH

V

屋根カバー

X

ヒーター(壁付)

みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ+専用ステンレスホルダー

ティモをお迎えした2014年12月のチンチラゲージのレイアウト。

チンチラケージのレイアウトについての記事の中で、ケージレイアウトの際に気を付けることなどを説明しているのですが、チンチラケージのレイアウトは1度決めたら変更しないのが原則だと思っています。

特に、人間の住まいでいうと建物の骨組みの階段にあたるステージの配置や高さ、寝室にあたる巣箱の設置場所は動線にも関係する大切な要素なので、慎重に決めてあげる必要があります。

【コラム】お迎えしたばかりのティモのチンチラケージにレイアウトしてあげてよかったな~と実感した4つのアイテム

お迎えしたばかりのチンチラのティモ SBSコーポレーションのオリジナル円筒巣箱の中で寝ている様子 一番安心できる場所

チンチラは環境の変化にとても弱い動物なので、特にお迎えしたばかりの時は緊張していて不安な気持ちでいっぱいでストレスを感じている状態だと思います。

ティモのチンチラケージにレイアウトしたアイテムの中で、特にお迎えしたばかりのティモのためにレイアウトしておいてよかったな~と実感したアイテムが4つありました。

緊張でいっぱいな気持ちを和らげて、「ここはティモのおうちだよ。安全で安心できる場所だよ。」とわかってもらえるために力を貸してくれたアイテム達を紹介します。

F

巣箱(睡眠用) SBSコーポレーション 円筒巣箱

N

ホイール回し車 Chin World Leo Braun 15” Exercise Wheel

Q

砂浴びボックス 三晃商会 チンチラバス751

V

屋根カバー 布

F SBSコーポレーションのオリジナル円筒巣箱

お迎えして2日目のチンチラのティモ

ティモがどんな巣箱を気に入ってくれるかわからないので、巣箱として木製と陶器製の3つのアイテムをレイアウトしました。

木製の巣箱の2つは形が異なり、もう一方は陶器製でうさぎさんでも愛用していたものだったのですが、ティモが一番気に入ってくれたのが木製巣箱のSBSコーポレーション オリジナル円筒巣箱でした。

お迎えした翌朝から円筒巣箱の中ですやすや寝ている姿をみせてくれたティモ。入口が狭くて体全体を隠すことができ、中は横になって寝ても充分な広さがあるところが気に入ってくれたんだと思います。

生まれてわずか数ヶ月でオランダから日本へとやってきて、生体販売店のうさぎさんに迎えられた前にもきっといくつか経由してきたんだと思うと、環境の変化がストレスとなり、いつも不安な気持ちでいっぱいだったと思います。

まずは、「ここは安全な場所なんだ。」とわかってもらうことが何よりも大切な一歩なので、そういう意味でもすっぽりと全身を隠して眠ることができる巣箱を選んであげてよかったと思いました。

SBSコーポレーションの円筒巣箱は、ティモが大人になった後も安心してゆっくり眠れる睡眠用の巣箱として重要な役割を担ってくれています。

N ホイール回し車 Chin World Leo Braun 15” Exercise Wheel

お迎えしたばかりのチンチラのティモ 目が回るくらいのスピードでホイール回し車をこいでいます。

ピントを合わせるのが難しいくらい猛スピードでホイール回し車の上を走るティモ。

ティモをお迎えする前に何とかホイール回し車を用意してあげたいと思ったけれど、国内で販売されているホイール回し車の安全性に疑問があって「これだ!」と思えるものが見つからず、何社かオーダーメイドで対応してくれそうな企業に相談してみたものの実現が難しく、海外から取り寄せたものです。

個人輸入代行業者に依頼して、商品価格と合せてかかった費用の総額は4万円くらいでした。価格に躊躇しましたが、1日24時間365日ずーっとチンチラケージで暮らすティモのことを考えたら、自由に遊ぶことができて楽しみが加わり運動にもなるんだからと思って購入に踏み切りました。

もしかしたら全く興味を示してくれない可能性もある。気に入ってくれるといいな~と願いながら、初めて我が家にティモを連れてきてチンチラケージに案内したわずか数秒後に、ティモは夢中になってホイール回し車を回し始めました。

「フゥ、フゥ、フゥ、」と小さな声で鳴きながら一生懸命走るティモ。きっと緊張でいっぱいの気持ちを紛らわせたいという気持ちもあったんじゃないかなぁと思います。

かかった費用は高かったけれど、ぶつかる可能性のある障害物がなく、走行面は手足を挟めてしまう心配のないフラット面で、大きさも35cm以上あって背骨に負担をかける心配も少ない、丈夫な金属製の長く安心して使える安全なホイール回し車を購入して本当によかったと思いました。

ティモは大人になっても毎日必ずホイール回し車で遊んでいて、1日あたりの走行距離はかなりなものになるんじゃないかと思います。とっても良い運動になっています。

Q 砂浴びボックス 三晃商会 チンチラバス751

チンチラのティモのゲージにレイアウトした木製の砂浴びボックス 三晃商会  チンチラバス751

ティモのチンチラケージにレイアウトしている木製の砂浴びボックス。現在は廃番になってしまった三晃商会さんの「チンチラバス 751」です。

チンチラケージに砂浴びボックスを入れっぱなしにすることを推奨していない文献が多いですが、私はお迎え時からずっとチンチラケージの中で好きなときにいつでも砂浴びができるように砂浴びボックスを常設しています。

生体販売先のうさぎさんからティモのことを、”砂浴びがとっても大好きなかわいらしい子ですよ”と教えてもらっていましたが、ティモが砂浴びをしている姿を目撃できたのはお迎えしてから2週間も経ってからでした。

砂浴びボックスをチンチラケージの中に常設することは、衛生面や寝床にされてしまう可能性があるなどデメリットもありますが、ティモのように緊張が強くて人に見られていると砂浴びをできない子もいるので、お迎えしてから環境になれるまでの数週間はせめてチンチラケージの中で好きなときに自由に砂浴びできるようにさせてあげるとよいと思います。

V 屋根カバー 布

ティモのケージの屋根に被せている布。

ティモが大人になってからは、いたずらされないように厚手の布で手作りしたものを愛用していますが、お迎え時はお気に入りのデザインの手拭いを被せていました。

チンチラのように自然界では捕食される側の弱い立場の動物にとって、ケージの屋根を被うものがあって上空から隠れているのと、丸見えなのとでは安心感が全く違うと思います。

ティモはお迎えしたときから屋根にカバーを被せているので、そうでないときとの比較はできませんが、先代のチンチラをお迎えしたときにケージの屋根に何も被せていませんでした。

あるとき、使わなくなったすのこをケージの上に乗せておいたのですが、他の使い道ができたのでケージ屋根から移動させたところ、「あれ!? 屋根の上にあったスノコがなくなった!!!」と驚いてそわそわし始めました。

私はただ、使わなくなったケージ用のすのこの置き場所としてちょうどいいや~と思って乗せただけだったけれど、先代のチンチラにとっては屋根の上に被うものができて喜んでくれていたんだな~とすごくよくわかって配慮が足りなかったなぁと、それ以来屋根の上に乗せてあげるようになりました。

お迎えしたばかりのチンチラの不安な気持ちをちょっとでも取り除くためにも、是非上空からの視界を遮れるような屋根カバーをつけてあげてほしいなぁと思います。

スポンサーリンク

チンチラ「ティモ」の食事(2014年12月)

自分の体と同じくらいたっぷり入った牧草をもぐもぐと食べるチンチラのティモ 生後6ヶ月

チンチラは野生の生活下では栄養の乏しい硬い繊維性の植物を食べている完全な草食動物で、硬い繊維性の植物を食べるために歯を摩耗するため歯根には歯を伸ばす細胞が存在し、切歯も臼歯も20本あるすべての歯が一生伸び続ける常生歯です。

伸び続ける全ての歯を適切に保つために、上下の歯を上下左右にこすり合わせて摩耗させ、よく咀嚼して食べる必要がある牧草を沢山食べてもらう必要があります。

そのため、チンチラに与える食事は栄養面だけではなく、歯の伸びすぎを防ぎ不正咬合を予防するのに効果的な硬い繊維性が豊富に含まれている食事かどうか、硬い繊維性の牧草をいっぱい食べてもらいたいのに食べる量を減らしてしまう原因になるような嗜好性の高い食事を与えてしまっていないかということも一緒に考えてあげる必要があります。

チンチラの食事は、主食として牧草を24時間食べ放題の状態を保ち、微量な栄養素を補うために少量のペレットを与えるのが基本です。

チンチラのティモ(生後6ヶ月)への牧草の与え方

チンチラのティモの牧草ポット 新しい牧草を入れたばかりの状態のイメージ 牧草ポットにはたっぷりの牧草 24時間食べ放題の状態を保つ。

生体販売先のうさぎさんで与えていたチモシー1番刈りと同じものをメインに、数種類の牧草を少しずつ束にして牧草ポットに入れる。

2015年10月から、数種類の牧草を牧草ポットに入れる直前に混ぜ合わせてから入れる方法に変えました。ティモが好む牧草を知りたくてそれぞれ束にして牧草ポットに入れていましたが、混ぜ合わせて与える方法に変えてからの方が牧草を食べている時間も増え、食べる量もUPしたと感じています。

お迎えして1週間を過ぎた頃から、生体販売先のうさぎさんで与えていたチモシー1番刈りと同じものの割合を徐々に減らしていき、他メーカーのチモシー1番刈りや数種類の牧草の量を増やしていく。

量は牧草ポットにたっぷり食べきれないだけの量を入れる。食べ放題の状態を24時間保つ。

牧草の交換は1日2回のケージのお掃除のタイミングで行う。もともと食べきれないだけの量を牧草ポットに入れているので、残った牧草があるのは当然なこと。残った牧草はもったいないと思わずに全て取り除き、新しく新鮮な牧草と交換する。

ティモに与えた「主食の牧草」

チンチラのティモをお迎えした2014年12月に与えた牧草の献立を紹介します。

ティモをお迎えしたばかりなので、まずは生体販売先のうさぎさんから譲って頂いたチモシー1番刈りを中心に、その他の牧草をちょっとずつ加えていくようにしたこともあって、先代のチンチラのために購入したまま未開封だったストックから使うことにしました。

うさぎさんでは太い茎の多い立派なチモシー1番刈りを食べていたティモ。

意外にも、高級牧草のwooly 高原の朝採りティモシー ヤングや、OXBOWオーガニックメドウヘイといった、葉の割合の多い牧草には興味が薄いみたいです。

2014年12月の牧草の献立を振り返ってみると、ティモは生後6ヶ月で成長するためにタンパク質やカルシウムも多く必要な成長期だったので、チモシー1番刈りをメインにしつつ少量のアルファルファも献立に加えてあげたほうがよかったのかもなぁと思います。

チンチラのティモに与えた牧草の紹介 2014年12月 「チモシー1番刈り」:2/ロイヤルチンチラ オリジナル牧草 ロイヤルチモシー、3/APD チモシーハイファイバー、「MIX牧草」5/OXBOW オーガニックメドウヘイ

No.

牧草の種類

メーカー・商品名

SHOP

1

チモシー 1番刈り

生体販売先のうさぎさんから頂いたチモシー1番刈り (US産)

2

チモシー 1番刈り

ロイヤルチンチラ オリジナル牧草 ロイヤルチモシー 500g (US産)

3

チモシー 1番刈り

APD チモシーハイファイバー 680g (US産)

4

チモシー 1番刈り

wooly 高原の朝採りティモシー ヤング 450g (国産)
 <期間限定> 

5

MIX牧草

OXBOW オーガニック メドウヘイ 425g (US産)

チンチラのティモ(生後6ヶ月)へのペレットの与え方

チンチラのティモ 生後6ヶ月 両手でペレットを持ってポーズ

ペレット用の容器はチンチラケージに入れず、ペレットは手で与える。

ペレットを与えるタイミングは、日中と夜に行う1日2回のケージのお掃除のタイミングのうち、2回目に行う夜のタイミングをメインにする。

チンチラは夜行性の動物です。個体差はあると思いますが、ティモの場合は朝方から夕方までずーっと寝ているので1回目のケージの掃除のタイミングではペレットを与えない方がよいのではないかと思うこともあります。お迎えしたときから1日2回のケージ掃除のタイミングでペレットを食べると習慣になっているので、ティモが大人になってからもこの与え方を変えていませんが、1回目のケージのお掃除のときは2gを基本にして足りなそうにしている場合にはさらに1~2g追加して与えるなど、できるだけ少ない量に抑えるように心掛けています。

与えたペレットの量は、1日あたりで10g前後。1回目のケージのお掃除のタイミングでは2g~4g程度、2回目の夜のケージのお掃除では4~8gくらい。

生後6ヶ月のティモに1日あたり10g前後のペレットを与えたことが正しかったのかどうかは、振り返って考えてみてもよくわかりません。ティモは健康にすくすくと成長してくれたので間違ってはいなかったのかな?と思いますが、大人になってからも1日あたり10g前後ペレットを食べていることを考えると、体は小さかったとはいえもうちょっと多くペレットを与えても大丈夫だったんだろうなぁと思います。

【コラム】ペレットの適量は体重の○○パーセントと言い切ることはできない?

ティモにどのくらいの量のペレットを与えるのが正解なのか、とても悩みました。

生体販売先のうさぎさんでは、ティモをお迎えするときの説明で「ペレットは体重の1パーセント」と教えてもらいましたが、調べれば調べるほど色んな情報が出てきました。

健康診断の時に獣医師の先生に質問したり色々と調べてみた結果、チンチラに与えるペレット量は、頻繁に体重測定を行って、太るようならペレットを減らし、痩せるようならペレットを増やすといった形で、適量を探るのが一番丁寧で安全な方法だという結論に至りました。

それは何故かというと、チンチラの食事はペレットだけではなく牧草を食べることが主食なので、「フードと水だけで健康を維持するために必要な栄養素が全て入っています」というドッグフードやキャットフードのような総合栄養食とは異なり、「体重の何パーセント」とは言い切れないからです。

とはいっても、お迎えしたときのティモの年齢は生後6ヶ月で体重は354gと、まだまだ大人の体になるために体重が増えていく途中なので、体重測定をしながら適量を探るというわけにはいきません。

幼少期から成長期にかけては成長するために、成人よりも多くのタンパク質やカルシウムといった栄養素が必要ということは間違いないので、大人のチンチラよりも神経質にならずに与えても大丈夫だと思います。

ただ、最も食べてほしい食事はチモシー1番刈りといった牧草なので、牧草を食べてくれる量が減ってしまうほどの量を与えるのは与えすぎです。

成長期だから・・と甘々にペレットを与え放題にしておいて、大人になったある時点から急に「食べすぎちゃダメ!」といっていきなり減らすというやり方は理想的な飼育方法とはいえないので、多すぎず少なすぎずの程よい量を探っていくしかないのかなと思います。

ティモに与えた「微量な栄養素を補うためのペレット」

生体販売先のうさぎさんで与えていたチンチラ用のペレット 生後6ヶ月のティモに与えたペレット

イースター チンチラセレクション

[保証成分] たんぱく質:17.0%以上、脂質:2.0%以上、粗繊維:23.0%以下、灰分:10.0%以下、水分:10%以下、カルシウム:0.8%以上、リン:0.4%以上、総エネルギー:370kcal以上/100g

[原材料] チモシーミール、アルファルファミール、小麦粉、脱脂大豆、タピオカ澱粉、ビール酵母、植物抽出発酵エキス、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、オリゴ糖、アガリクス(β-グルカン源)、殺菌処理乳酸菌、ウーロン茶抽出物、ミネラル類(食塩、炭酸カルシウム、第二リン酸カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、甘味料(ステビア抽出物)、ビタミン類(塩化コリン、L-アスコルビン酸カルシウム、ニコチン酸、D-パントテン酸カルシウム、イノシトール、酢酸dl-α‐トコフェロール、リボフラビン、硝酸チアミン、塩酸ピリドキシン、葉酸、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、A油、シアノコバラミン、d-ビオチン、D3油)、アミノ酸類(DL-メチオニン)

( 2018年3月 パッケージを調査 )

楽天市場  Amazon  

お迎えした2014年12月にティモに与えたペレットは、お迎え前に生体販売先のうさぎさんで与えていたものと同じペレットの「イースター チンチラセレクション」です。

ペレットも牧草と同じく、お迎えしてからしばらくの間(1週間くらい)は生体販売先で与えていたものと同じペレットを中心に与え、徐々に今後与えたいペレットと双方を与えるようにして、徐々に割合を変えて切り替えていくのがよいと思います。

この当時は知らなかったのですが、チンチラセレクションは他メーカーのペレットと比べて嗜好性が劣るようで、翌月に嗜好性がよいと定評のあるペレットを与えてしまったことで、チンチラセレクションを食べてくれなくなりました。

私は、「おやつを与えない分、ペレットくらいは美味しいものを選んであげたいんだ」と思っていましたが、「嗜好性がよく喜んで食べてくれるペレット=よいペレットではない」とわかって、元に戻そうとしたときには既に遅く、試行錯誤を繰り返す結果となりました。

イースターさんのペレットは、国内生産で厳しく品質管理をされており、歯根に負担をかけないソフトペレットであることに加え、歯をよくこすり合わせて食べる必要がある粗い繊維を豊富に含み、劣化を防ぐために少量ずつ個包装されていて、最もクオリティーの高いペレットを提供しているメーカーだと思います。

2015年にイースターさんから小麦を一切使用していない「チンチラセレクションプロ グルテンフリー」シリーズが新発売され、ティモにも食べてもらいたいな~と思って試みたのですが、ティモはなかなか食べてくれようとしませんでした。

お迎えしたときからずっとイースターさんのペレットを与え続けていれば、食べたがらないということにはならなかったんだろうなぁと後悔しています。

これからチンチラをお迎えする方や、お迎えしたばかりでどのペレットがおすすめなんだろうと探している方がいらっしゃったら、私は「イースター チンチラセレクションプロ グルテンフリー」をおすすめします。

私がおすすめするペレット

イースター チンチラセレクションプロ グルテンフリー

私がおすすめするチンチラ用ペレット イースター チンチラセレクションプロ

[保証成分] たんぱく質:16.5%以上、脂質:2.5%以上、粗繊維:23.0%以下、灰分:10.0%以下、水分:10%以下、カルシウム:0.8%以上、リン:0.4%以上、総エネルギー:390kcal以上/100g

[原材料] チモシーミール、アルファルファミール、えん麦、脱脂大豆、タピオカ澱粉、乾燥おから、ビール酵母、緑茶粉末、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、植物抽出発酵エキス、アガリクス(β-グルカン源)、乾燥カモミール、オリゴ糖、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(食塩、第二リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、甘味料(ステビア)、ビタミン類(コリン、C、E、ナイアシン、パントテン酸Ca、イノシトール、B2、B1、B6、葉酸、A、K、B12、ビオチン、D3)、酵素(アミラーゼ)

( 2018年4月 パッケージを調査 )

SHOP

チンチラセレクションプロは、店頭での販売に限定されている商品のようで、総合通販サイトでは販売されていません。チンチラハウスさんからお取り寄せ(宅配)可能です。

スポンサーリンク

チンチラ「ティモ」の体重の記録(2014年12月)

生後6ヶ月のチンチラのティモの体重の変化のグラフ 2014年12月

チンチラのティモの誕生日は2014年6月8日。2014年12月8日でちょうど生後6ヶ月になりました。

お迎えした12月13日に生体販売先のうさぎさんで量ったときの体重は354g。まだまだ成長期なので、できるだけ多く体重を量ろうと思って、へやんぽの時にキッチンスケールを置いておいたりして、ちょこちょこと体重測定をしました。

チンチラのティモの体重測定をしている様子 生後6ヶ月 2014年12月

新年を迎える前の12月30日の記録は409g。17日間で55g増えました。

計算すると、一日あたり3gちょっとずつ増えている計算になります。すくすくと成長している様子がわかって嬉しいです。

チンチラ「ティモ」のうんちの記録(2014年12月)

チンチラのティモのうんち記録 生後6ヶ月の1日あたりのうんち量

ティモをお迎えした翌々日からうんちを集めて重さを量り始めました。

ティモが生後6ヶ月の2014年12月の一日あたりのうんちの重さの平均値を計算してみると、一日あたりのうんちの総量は16.6gになりました。

個数を数えてみたのは、うんち量が9gだった12月16日とうんち量が18gだった12月18日で、それぞれ211個と302個でした。

お迎えした翌日の記録を残しておかなかったことを後悔していますが、よかったな~と思えるのはお迎えした当日にしたうんちの一部をとっておいたこと。

お迎え当日のチンチラのティモ(生後6ヶ月)のうんちの一部

例えば、うんちの状態が良くないような気がするな・・と思ったときに、お迎えしたときのうんちと比べてどうなんだろう?と確認することができるし、ティモが大人になってからのうんちと比べてみて、お迎えしたときのうんちの方がよいうんちなら、自分の飼育方法に改善した方がいい点があるのかも?と立ち止まって考えてみることもできるからです。

3年以上経過してからお迎え時のうんちを手に取ってみると、カラッカラに乾いて化石みたいになっていますが、改めて見てもよいうんちだな~と、生体販売先のうさぎさんの飼育方法がよかった証なんだな~って思います。今も保存状態は良好、お守りのような存在です。

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)