~生後22ヶ月~ チンチラ「ティモ」の飼育観察記録 2016.04

生後1歳10ヶ月のチンチラのティモ

チンチラのティモをお迎えしてから16ヶ月が経ち、生後1歳10ヶ月になったチンチラのティモ。

2016年4月の大きな飼育メモは、チンチラケージに取り付けていた寒さ対策用の「みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ」と「マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター Mサイズ」を取り外し、1週間も経たないうちにエアコンを用いて暑さ対策を始めたことです。

気候が不安定で体調を崩しやすい時期に、体重やうんちの状態に大きな変化は見られず健康でいてくれたのは、室温の管理に気を配ったことと、チンチラの主食である牧草をいっぱい食べてくれたからじゃないかな~と思います。

ティモが牧草をいっぱい食べてくれるように工夫していること、生後1歳10ヶ月のティモに与えた牧草の献立や、ティモの牧草に対する反応、体重の変化やうんちのことなどをまとめています。

「去年の今頃、どうしてたっけ?」などと自分で振り返って確認できるように、また同じ年頃のチンチラちゃんをお迎えされている方にとって少しでも参考になれたらいいな~と思います。

[2017.11 UPDATE]

スポンサーリンク

チンチラ「ティモ」の様子(生後1歳10ヶ月)

チンチラのティモのへやんぽタイム
MORUSUPER-7M’S GALLERYの作家めめさんのミニチュア帽子を被って、ティモもお洒落に挑戦。

チンチラのティモの部屋んぽタイム 生後1歳10ヶ月
部屋んぽコーナーの向こう側が気になって仕方ないティモ。ちょこんと添えられるオテテが何ともかわいらしい

チンチラケージの寒さ対策を取り外してからまもなく暑さ対策をスタート

チンチラのティモのチンチラケージ 2015年冬支度

ティモが生後17ヶ月の2015年11月から始めたチンチラケージの寒さ対策。

チンチラケージの2Fのくつろぎ空間の壁面に「みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ」を取り付け、2Fの床面の片隅に温まるコーナーとして「マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター Mサイズ」を配置しました。

4月初旬にチンチラケージの寒さ対策を終了

どのタイミングで寒さ対策を終わりにするべきか悩んだのですが、判断材料にしたのは2つあります。

1つはティモが「マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター Mサイズ」の上に居る様子を見かけることがなくなったこと、そして2つ目は室温が最低でも20℃を下回る日がなくなったことです。

4月も中旬に差し掛かる4月9日に、チンチラケージに配置していた「マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター Mサイズ」と、「みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ」を取り外すことにしました。

4月中旬にはエアコンを用いて暑さ対策を開始

そして1週間も経たないうちに、今度は室温が最高で24℃を超える日が出てきました。

過去の記録を遡って、外気温はどのくらいあったんだろう?と調べてみると、 気象庁 過去の気象データ検索 のページで都道府県と地点を選択すると詳しくデータが記載されていました。

私の住まいに一番近い地点の東京を選択して、表示された気温のデータをもとにカレンダーにしてみたのがこちらです。

チンチラのティモの室温管理記録カレンダー 2016年4月 寒さ対策を終えたタイミングと暑さ対策を始めたタイミングの記録

ちなみに、気象庁の過去の気象データ検索は一覧表かグラフでの表示なので、パッとみた見やすさを求めるなら YAHOO! JAPAN 過去の天気 の方がカレンダー表示+天気のマーク付きで見やすいです。

カレンダーにして見てみると、平均気温が10℃に近い日もあれば20℃に近い日もあって、朝晩だけでなく日によってかなりばらつきがあるのがわかります。

室内の温度は住まいの環境によって異なるので外気温だけで判断はできませんが、我が家の場合は建物に熱がこもりやすいのと日差しの影響とで最高気温が20℃を超えてくるタイミングが暑さ対策を始める時期の目安になるんだろうなぁと思います。

4月17日の週から日中の暖かい時間帯に冷房運転をするようにし、5月に入った頃にはエアコンの稼働時間をさらに増やして1日中フル稼働運転に切り替えることになりました。

チンチラ「ティモ」の牧草の与え方(生後1歳10ヶ月)

チンチラのティモの牧草ポットにはいつも数種類の牧草をたっぷり

チンチラのティモへの牧草の与え方として守っていること

ティモが生後6ヶ月の2014年12月にお迎えしたときから、ずーっと守っているティモへの牧草の与え方のルール。

ティモへの牧草の与え方として守っていること

1日24時間、食べ放題の状態を保つこと
与える量は、牧草ポットにたっぷり。食べきれない量を与える
牧草は1種類だけでなくて数種類与える
与える牧草の種類の中には必ずチモシー1番刈りを入れる
交換の頻度は1日2回。残っていても必ず新しい牧草と交換する

チンチラにとって理想的な牧草の与え方についての記事の中で、牧草をたっぷり与える理由や数種類の牧草を混ぜる目的、牧草に与えられた役割について個人的な考えを含めて紹介しているのですが、数種類の牧草をどのように牧草ポットに入れるかをティモが生後16ヶ月のときに変更しました。

ティモが生後15ヶ月のときまではメインとなるチモシー1番刈りを牧草ポットに先に入れてから、ところどころにチモシー2番刈りやチモシー以外の草種を生け花のように挟みこんでいく方法で与えていましたが、現在は先に混ぜ合わせてから牧草ポットに入れるようにしています。

混ぜ合わせてから与えるようにしてからとそれまででは、うんちの量や形にそれほど違いが見られなかったので、食べてくれる全体量はそれほど変わらないのかもしれませんが、混ぜ合わせて与えるようにしてからの方が牧草ポットの前で過ごす時間が増えたのと、牧草ポットのほぼ全ての牧草を引っ張り出して吟味するようになりました。

牧草に触れて香りを楽しんだり、好きに散らかしたり、引っ張りだしたり、よいストレス解消にもつながっているんじゃないかな~と思います。

生後1歳10ヶ月のティモの牧草の献立

では、生後1歳10ヶ月になったチンチラのティモにどんな牧草の献立で牧草を与えたかというと、

チンチラ「ティモ」の牧草の献立(生後1歳10ヶ月)

用意した牧草のストック
メイン牧草として与えるチモシー1番刈り:4種類
トッピング牧草として加えるチモシー2番刈りやチモシー以外の草種:9種類
1回に混ぜ合わせる牧草は5~6種類
チモシー1番刈りを必ず7割~8割くらい占めるようにする
チモシー1番刈りは毎回バニーファミリー金沢本店さんのチモシー1番刈りを献立に加え、プラスαとして3種類のチモシー1番刈りの中から1~2種類プラスする

です。

用意した牧草のストックが多いので、毎回全部混ぜ合わせるというわけにはいきませんが、バニーファミリー金沢本店さんのチモシー1番刈りは、2015年7月から継続して買い続けているティモのお気に入りな牧草で、かつチンチラの主食に理想的なチモシー1番刈りなのでいつも必ず加えるようにして、それ以外の牧草の組み合わせは毎回ちょっとずつ異なるように工夫しました。

チンチラのティモの牧草の献立として用意したストックを、「メインとして与える」牧草と「トッピングとして加える」牧草とそれぞれ紹介したいと思います。

リストの中のは私の評価ではなくて、生後1歳10ヶ月のチンチラのティモの食いつき・反応の良し悪しを表しています。

「メインとして与える」:チモシー1番刈り

US産チモシー1番刈り

バニーファミリー金沢本店 チモシー1番刈り バニーファミリー金沢本店 オリジナル・プレミアム1番刈りチモシー (2015.07より継続)
ナチュラルペットフーズ おいしい牧草 チモシー1番刈り ナチュラルペットフーズ アニマルファーム おいしい牧草 500g (NEW)
GEX 香りきわだつ おいしいチモシー GEX 香りきわだつ おいしいチモシー 650g (NEW)
マルカン 牧草物語 ロング MR-18 マルカン 牧草物語 ロング MR-18 1kg (NEW)

バニーファミリー金沢本店さんのチモシー1番刈りは、ティモが生後13ヶ月になった2015年7月からずっと継続して与え続けているティモのお気に入りのチモシー1番刈りで、シングルプレスです。

チンチラのティモのお気に入り牧草 バニーファミリー金沢本店さんのチモシー1番刈り

プラスして生後1歳10ヶ月のティモの牧草の献立に加えたのが、ナチュラルペットフーズとGEX、マルカンの3社のチモシー1番刈り。

2016年4月に新しくチンチラのティモの牧草の献立に加えたチモシー1番刈り

ティモが生後17ヶ月の2015年11月に「ナチュラルペットフーズ アニマルファーム おいしい牧草」を、ティモが生後18ヶ月の2015年12月に「GEX 香りきわだつ おいしいチモシー」を牧草の献立に加え始めたことがありますが、「マルカン 牧草物語 LONG」を牧草の献立に加えるのは初めての試みです。

ナチュラルペットフーズ アニマルファーム おいしい牧草

ナチュラルペットフーズ おいしい牧草 チモシー1番刈り
ナチュラルペットフーズ アニマルファーム おいしい牧草

「ナチュラルペットフーズ アニマルファーム おいしい牧草」にはノミやダニが嫌いなハーブとしてローズマリーが入っていると書かれているのですが、香りはそれほど豊かに感じませんでした。

そしてもう一つ気になったのが、パッケージの脇に書かれている成分表のエネルギーの欄に、エネルギーは100gあたり263kcalと書かれていること。

牧草の栄養成分を調べる記事の中で、日本標準飼料成分表(2009年版 社団法人中央畜産会発行)に記載されている乾草・輸入乾草の一般成分を紹介しているのですが、別ページに総エネルギー(GE)を推定する計算式が記載されていて、それに基づいて計算すると約390kcalくらいです。

チモシー(輸入乾草)の一般成分組成 日本標準飼料成分表(2009年)を参考に作成

あまりにも異なるので、ひょっとして牧草のエネルギー計算には紹介されている計算式を用いてはいけないのかも?と思って農研機構本部に質問してみたところ、GEは燃焼させた場合の熱量なので、紹介されている計算式から大きくずれることはないと思うとのことでした。

獣医学書ではどう書かれているんだろう?と思って調べてみると、インターズーから2009年に発行されたVEC14号特集パックの「チンチラの消化器疾患」(田向健一 著)の中で、海外文献の「Rabbit Feeding and Nutrition」(Peter R.Cheeke 著 / Academic Press 発行/ 1987年) を参考文献として主要な牧草の栄養成分が記載されていました。

それによると、チモシーは100gあたり201kcalと書かれています。

こちらも大幅に異なり、うむむむむ・・・。なぜこれほどに異なるのか原因まではわかりませんが、私は日本標準飼料成分表を参考図書にしています。

ちなみに、国内で生産された乾草についても一般成分組成が記載されているので、併せて紹介します。

チモシー(乾草)の一般成分組成 日本標準飼料成分表(2009年)を参考に作成

GEX 香りきわだつ おいしいチモシー

GEX おいしいチモシー 1番刈り
GEX 香りきわだつ おいしいチモシー

こちらも、生後1歳10ヶ月のティモの牧草の献立に新しく加えたチモシー1番刈り、「GEX 香りきわだつ おいしいチモシー」です。

ナチュラルペットフーズさんの「おいしい牧草」と、GEXさんの「おいしいチモシー」と、商品名がそっくりでどっちがどっちだったか一瞬迷ってしまうのですが、2つを比べると「GEX 香りきわだつ おいしいチモシー」の方が香りがよくてティモの反応もよいです。

私はうさぎ専門店さんでオリジナルチモシーとして販売されている牧草を購入する機会が多いですが、楽天市場やamazonといった通販サイトで購入する場合には、こちらの「GEX 香りきわだつ おいしいチモシー」か、「ハイペット パスチャーチモシー」の2つを選ぶことが多いです。

マルカン 牧草物語 LONG

「マルカン 牧草物語 LONG」は牧草を販売しているメーカー9社の成分表比較の記事のために調べていた際に、牧草の成分表示がメーカー公式サイトや取扱店のショップサイトでも確認できなかったので実際に購入してみたのですが、やっぱりパッケージのどこにも書かれていませんでした。

床の敷材として商品にして販売しているから栄養成分の表示はしていないということなんだろうなぁと思うのですが、おもちゃとして販売していても成分表示をしっかりと載せている川井さんのようなメーカーもあるのに、マルカンさんの牧草物語LONGには「うさぎ・モルモット・チンチラなどの補助食として使用できます。」と書いているだけでした。

うさぎやモルモット・チンチラにとって牧草は主食なのに、「補助食」という書き方は語弊があるんじゃないかなぁと思います。主食として与えるには何か問題でもあるのかな?とか色々疑いたくなってしまいます。

牧草自体はどうなの?というと、商品名にあるだけあってとっても長くて穂が多いです。

マルカン牧草物語ロング
マルカン 牧草物語 LONG

穂が多いということは、生育ステージが穂ばらみ期から出穂始期、出穂期と進んで開花期へ向かっているということなので、硬い低消化性繊維が増え、よく咀嚼する必要があるので不正咬合の予防に効果がありますが、一方で茎葉に含まれるタンパク質や栄養分の含有率は若い草よりも減ってきているという特徴があります。

ティモの反応は悪いわけではありませんが、私の反応の方が悪いというまれな結果に。。

「マルカン 牧草物語 LONG」を加えたことで食べてくれなくなったということはありませんでしたが、反応は普通よりやや悪いといったところです。

パッケージも確認できたことだし次回購入予定はなしです。

「トッピングの役割」:チモシー2番刈りやイタリアンライグラスなどのチモシー以外の草種

続いて、生後1歳10ヶ月のチンチラのティモの牧草の献立にトッピングの役割で加えた牧草を紹介します。

ティモが生後20ヶ月の2016年2月に新しく加えた牧草の種類がいっぱいあるのでまだまだストックは続きますが、カナダ産チモシー2番刈りの「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」と、US産チモシー3番刈りの「Lapin House USA産チモシー スーパーソフト」を新しく献立に加えました。

チンチラのティモの牧草の献立に新しく加えたトッピング牧草 (生後1歳10ヶ月)

1回あたりに加えるトッピング牧草は3種類程度で、量はチモシー1番刈りの総量に対して2~3割程度にしましたが、2017年には1割~2割程度に減らしています。

一番の目的は、チモシー1番刈りをいっぱい食べてもらえるようにサポートする役割をトッピング牧草に担ってもらうことなので、量はわずかでもそれぞれ太さも硬さも香りも全然異なり、変化があって楽しみながら食べてもらえるんじゃないかな~と思います。

カナダ産チモシー2番刈り

BUNNY GARDEN カナダ産チモシー2番刈り プレミアム 1050g BUNNY GARDEN カナダ産チモシー2番刈り プレミアム A-023L 1050g (2016.02より継続)
ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー カナダ産 チンチラのティモの牧草の献立 ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産) 600g< 期間限定 > (NEW)
BUNNY GARDEN カナダ産ソフトチモシー2番刈り タイプⅢ A-028L BUNNY GARDEN カナダ産ソフトチモシー2番刈り タイプⅢ A-028L 1050g< 旧バージョン > (2016.02より継続)

ティモのトッピング牧草としてよく購入しているWOOLYさんの「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」。先月はストックを切らしていましたが、今月からまた新たに牧草の献立に加えました。

WOOLYさんの「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」は期間限定商品で、毎年必ず販売されるというものではないので、代わりになるものを用意しておきたいな~と思って選んだのがBUNNY GARDENさんのカナダ産ソフトチモシーです。

2017年現在では新バージョンになって商品名も変わっていますが、タイプⅢは茎もあるタイプとして販売されていたものです。

ウーリーのセレクト牧草カナダ産ソフトティモシーとバニーガーデンのカナダ産やわらかいチモシー(タイプⅢ)を比較

2つを比べてみると、「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」の方は葉に太さがあって縮れていて茎はほとんどないのに対して、「BUNNY GARDEN カナダ産ソフトチモシー2番刈り(タイプⅢ)」は茎は細いもののしっかりとしていて、葉がとっても細いのが特徴的でした。

ティモはどちらが好きなの?というと、「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」の方が好きです。

カナダ産チモシーは栽培される地方によって灌漑地域だったり天水地域だったりと栽培方法が異なり、また収穫年によって品質にかなり差がでてしまうのが特徴のようです。

大手メーカーで販売されているチモシーのほとんどは北米産なので、カナダ産チモシーの成分表示をみることはとても稀で、私は「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」以外で見かけたことがありません。

牧草は天候や土壌、収穫時期、生育ステージだけでも栄養成分は異なるのに、カナダ産チモシーの場合はさらに大きくぶれやすい特徴があるとすれば、他メーカーのカナダ産チモシーに当てはめて参考にするには無理があるとは思いますが、何かの参考になるかもしれないから「ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産)」のパッケージを参考に記録しておくことにしました。

ウーリーのセレクト牧草 ソフトティモシー(カナダ産) 2016年4月に購入

US産チモシー3番刈り

うさぎ専門店 Lapin House  3番刈り スーパーソフト Lapin House USA産チモシー3番刈り スーパーソフト シングルプレス 600g (NEW)

そして、生後1歳10ヶ月のチンチラのティモの牧草の献立に新しく加えることにしたのが、「Lapin House USA産チモシー3番刈り スーパーソフト シングルプレス」です。

ティモにチモシーの3番刈りを与えるのは初めてのことです。

うさぎ専門店Lapin House チモシー3番刈り スーパーソフト
Lapin Houseさんのチモシー3番刈り スーパーソフト

茎はほとんど含まないリーフタイプでやわらかくふわふわしていて、敷き詰めて横になったら気持ちよさそうな弾力があります。

BUNNY GARDENさんのカナダ産ソフトチモシー2番刈りと比べてみると、Lapin Houseさんのアメリカ産ソフトチモシー3番刈りはやわらかさの中にもしっかりとした硬さというかハリがあって、チモシー1番刈りを食べてくれない子に試してもらうのに向いている牧草なんじゃないかな~と思います。

ティモの反応はというと、食いつきは良いとはいえず反応も薄いといった感じなので、トッピング牧草としてティモの牧草の献立に加えるのには向いていないのかもな~と思いました。

チモシー以外の草種

wooly 高原の朝採り牧草 イタリアンライグラス ミディアムソフト WOOLY 高原の朝採り牧草 イタリアンライグラス ミディアムソフト 350g< 期間限定 > (2016.02より継続)
Lapin House オーツヘイ Lapin House オーツヘイ プレミアム 600g (2016.02より継続)
BUNNY GARDENセレクション アンダーソン バミューダグラス ANDERSON バミューダグラス A-015M (2016.02より継続)
BUNNY GARDENセレクション アンダーソン アルファルファ ANDERSON アルファルファ プレミアム A-014M 700g (2016.02より継続)
BUNNY GARDEN アルファルファ若葉 BUNNY GARDEN アルファルファ若葉 シングルプレス A-018 600g (2016.02より継続)

チモシー以外の草種のストックは、ティモが生後20ヶ月の2016年2月から継続して与え続けているものばかりです。

この中で断トツにティモの反応がよいのが、「BUNNY GARDEN アルファルファ若葉」で、茎よりも葉が沢山含まれていて香りがとても豊かなので、旨みや香り、異なる食感をプラスしてくれるのにとてもよいトッピング牧草になってくれています。

アルファルファはマメ科の牧草で、イネ科の牧草であるチモシーに比べるとタンパク質やカルシウムの含有量が多いので、成長期を過ぎたチンチラに与えすぎるとよくありませんが、必須アミノ酸のバランスがよく、少量与える分には栄養素を補うのに良い牧草だと思っています。

日本標準飼料成分表2009年より 輸入乾草のチモシーとアルファルファの栄養成分の比較

少量を混ぜ合わせて、さらに振るってから牧草ポットに入れているので、実際に牧草ポットに入るアルファルファの割合は1%もないんじゃないかな~と思いますが、くんくんと匂いを嗅いでいるティモにはわかっているんじゃないかな~と思います。

チンチラ「ティモ」の健康管理 (生後1歳10ヶ月)

チンチラ「ティモ」の体重の変化

チンチラのティモの体重の変化のグラフ 生後1歳10ヶ月まで

ティモの体重は609gで、ティモが生後17ヶ月の2015年11月から半年間ほとんど変わらずにキープしています。

チンチラ「ティモ」のうんち

チンチラ「ティモ」の飼育観察記録 生後1歳10ヶ月 1日ごとのうんち量のグラフ

こちらは、生後1歳10ヶ月になった2015年4月のチンチラのティモの1日あたりのうんち量をグラフにしたものです。

毎日ぴったり同じ時間にケージのお掃除をできていないので、1日あたりのうんち量もデコボコと多い日もあれば少ない日もありますが、平均すると1日あたりのうんち量は16.38gでした。

生後1歳10ヶ月のチンチラのティモのうんち

生後1歳10ヶ月のティモの平均的なうんちの状態。形に大きな乱れはなく、太さもあって先端が丸っとした俵型の愛らしいうんち。

うんちの大きさは、大きいものでは17mmくらいあるものの平均すると11mmくらいで、形に乱れがなく太くて先端がまるっとした、良い俵型なのが嬉しいです。

生後1歳10ヶ月のチンチラのティモの飼育観察記録を振り返って

チンチラのティモの部屋んぽタイム 生後1歳10ヶ月

この記事は、2016年4月の生後1歳10ヶ月のティモの飼育観察記録をもとに、2017年11月にまとめたものです。

4月は朝晩の寒暖差が大きく気候が不安定なため、体調を崩しやすい季節ですが、ティモが体重の変化やうんちの状態に大きな変化がみられず元気でいてくれました。

特に悩んだのは、寒さ対策として配置していた「みずよし貿易 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ」と、「マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーターMサイズ」をどのタイミングで取り外すかの判断でしたが、過去の気象データ記録をもとに気温をみてみると、寒さ対策を始める時期を検討する11月の気温と似ているので、寒さ対策を始める時期の目安には、前年の寒さ対策を終了させた時期の気候を参考にするといいのかな?と思いました。

牧草の献立を振り返るとトッピング牧草を9種類も用意していて、自分でも多かったな~と思いますが、ティモの反応をみてその後購入を見送ったものも含まれているので、現在では色んな牧草を試してきた次のステップにいるんだな~と感じます。

チモシー1番刈りをもりもり食べてくれる子に、チモシー2番刈りや3番刈りなどといった葉の部分を多く含むやわらかい牧草を与えると、やわらかい牧草ばかりを好んで食べる習慣を自ら招いてしまうことにもなりかねないというデメリットもあります。

このあたりは色んな考え方がありますが、私はトッピング牧草として混ぜ合わせる割合を少なく保てば、やわらかい牧草ばかりを食べるリスクよりも、相乗効果で食いつきがアップするメリットの方が勝ると思っています。

もし、牧草を食べる量が減ってきたな~と思うことがあったときには自分も過去の飼育観察記録を遡って、ティモの反応がよかった牧草を献立に加えてみたりと工夫してみたいと思います。

スポンサーリンク

Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活-

最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも Chinchilla Vie -チンチラ「ティモ」とこだわり屋の生活- を応援いただけたら嬉しいです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)